「雨とQ日」1月号(112号)


全国のコンビニエンスストアで
当店のフリーペーパー「雨とQ日」を
20円でプリントアウトすることができます。

各コンビニに設置されているマルチコピー機で
下記番号を入力していただくことでプリントができます。


■セブンイレブン
1月号ネットプリント予約番号
【 00479974 】 (期限は今月16日まで)
サイズはA4を指定してください。

ネットプリントについて
ネットプリント


■ファミリーマート(サークルK・サンクス)
■ローソン
■セイコーマート

1月号ネットワークプリントユーザー番号
【 LJ625HFMWW 】 (期限は今月17日12時頃まで)
※サイズはA4、白黒印刷を指定してください。

ネットワークプリントについて
(「コンビニエンスストアでの印刷方法→コンビニエンスストアで印刷」の項目をご参照ください)
ネットワークプリント


■「雨とQ日」設置店はこちら
「雨とQ日」設置店紹介
各店舗への到着は月半ば頃となります。


「雨とQ日」はわら半紙で発行しておりますが、
コンビニでの印刷は白い普通紙になります。
(ちなみにプリントアウト代は当店の収益にはなりません)

「雨とQ日」は毎月9日発行(定休日の場合は翌営業日発行)です。
バックナンバーの発行は行なっておりません。
提携店舗での配布およびオンラインショップでの購入の際にお付けしております。


※次号2月号は移転準備のためお休みとさせていただきます。
 

2018年年間売上TOP20




2018年の年間売上上位20作品です。
☆印は2018年に販売を開始したものです。
時期が早ければもっと上位に来ていたかもしれない作品もございます。



1. haruka nakamura / アイル
 ☆


2. Kazunori Sugama, Mayu Gonto / Waterside



3. 森ゆに / シューベルト歌曲集



4. Goldmund / the malady of elegance
 ☆


5. AOKI, hayato / 小さな歌



6. 森ゆに / 祝いのうた



7. 土持悠孝 / 或る実
 ☆


8. yatchi / 第3区間ピアノ
 ☆


9. AOKI, hayato と haruka nakamura / FOLKLORE



10. Kiev Acoustic Trio / Moment



11. V.A. / 部屋、音楽が溶けて
※完売


12. HAU / Underneath - the soundtrack made for torse



13. Otto A Totland / Pino



14. Hirofumi Nakamura / guitarscape



15. V.A. / Lunchtime Jazz



16. 木太聡 / CUT
 ☆


17. 木太聡 / 女と椅子



18. Tobias Wilden / Artifacts/Scenes - Piano Works



19. the sleeping beauty / auguries



20. "Midwinter Spring" アレッサンドロ・ステッラ(p)



10位以降、30位ぐらいまでは団子状態でした。
新作ばかりがランクインする訳ではないのが雨と休日の特色ですが、今年は特に顕著な結果となっており、昨年の新規取り扱い作品の多くは20〜30位に入っていました。
ネット販売とリアル店舗販売は売れ行きに異なった傾向があり、今年は実店舗の再開もあるので、1年後のランキングの変化が今から楽しみです。


店主今年の10枚:2018年

2017年年間売上TOP20
店主今年の10枚:2017年
2016年年間売上TOP20
店主今年の10枚(2016年)
2015年年間売上TOP20
店主今年の10枚(2015年)
2014年年間売上TOP20
店主今年の10枚(2014年)
2013年年間売上TOP20
ランキング発表の経緯について
 

2018年12月売上TOP10



1. 青木隼人 / 日田



2. Gregg Karukas feat. Shelby Flint / Home for The Holidays



3. 田辺玄 / 風と音と



4. 森ゆに / シューベルト歌曲集



5. Machinone / Pieni



6. Sonoko Ito / Reed Organ Hymns



7. 森ゆに / 祝いのうた



8. Ola Gjeilo / Winter Songs



9. Michael Franks / Watching the Snow



10. Vince Guaraldi / A Charlie Brown Christmas

 

店主今年の10枚:2018年




年末恒例、売上や新譜旧譜に関係ない店主の個人的な年間ベスト10です。年々だんだん長文に。



1. haruka nakamura / アイル


3月の発売となるとだいぶ昔の話の気がしてしまいます…。それだけ今年の後半は公私ともに慌ただしく…。さて、8cmCD短冊ジャケットの可愛らしさと、この曲とぴったりマッチする存在感が何物にも代え難いフィジカルの魅力。「新曲は短冊ジャケです!」と言われた時の驚きと感激。特典の対談でも少し話しているのですが、ちょうど僕も同じ時期にこのジャケットの写真家、岩倉しおりさんの存在を知って、「え、岩倉さん!?…確かに合う!」と二重に驚いたものです(彼女のツイートに「雨と休日」というタイトルのツイートがあって、それで知ったのでした―そしてその一部はジャケットにも使用されています)。


…で特典、まだあります!(なので対談のweb公開はまだ先です悪しからず)



2. Tobias Wilden / Outer Limits


自宅で打った蕎麦がその道数十年の職人の味に引けを取らず、しかも最新機器を駆使している。例えたらそんな感じ。10月に来日を果たしたトビアス君。ほんと、シャイな人柄を含めて愛すべき演奏でした。ソロ・プレイヤーにあるべき「リズム感」を持っているところが彼の演奏のクオリティを上げている最大の要因かと。いわゆる宅録ミュージシャンなのですが、人前で本格的に演奏したのはあの時が初めてだったそうで。また日本に来てライヴがしたい(むしろ日本でしたい、ぐらいの感じ)、と言っていたので次に会えるのを楽しみに待つことにします。



3. 土持悠孝 / 或る実


普段、フリーペーパー「雨とQ日」の内容は紙面以外では公開していないのですが、思うところあって秋頃のメールマガジンに載せたところ大きな反響を頂きました。土持さんは雨が岩に染み込むような、そんな音楽を作ります。今年は雨の災害が大きなニュースになりました。雨という字を屋号に付けているといつもこういう時に心苦しい思いをするのですが、土持さんから「良い名前だと思います」と言われた時には少しばかり気が軽くなったようでした。土持悠孝はこれまでCD-Rのリリースでしたが、今回初のCD作品に。それはつまりミュージシャンとしての意志でもあります。



4. miho ota + tatsuro yokoyama / concone


教則曲はとても魅力的。いつも教則曲でいいCDはないかと探しているのですが目的が目的だけにデザインや選曲の良さを伴った作品はなかなかありません。つまりこういう作品を待っていたのです。ピアニスト横山さんは面白い経歴の持ち主で、彼のソロ・アルバムもリリースされるといいなぁ。



5. 森ゆに / シューベルト歌曲集


新装盤。旧盤の真っ白なイメージから一新。旧盤のしっかりした紙質の正統派紙ジャケットも良かったのですが、青木隼人が新たにデザインしたこちらの封筒型ジャケットもまた作品へ深いイメージを与えているようで良い。来年は田辺玄、青木隼人とのユニット「みどり」のリリースを期待。



6. Goldmund / the malady of elegance


生産終了となった作品を再プレスするには条件が揃わなければ叶いません。契約の問題。まだ売れるのかどうかという判断。良い作品でも再プレスされるかされないか、には大人の事情が大きく影響します。ゴールドムンドの代表作はこれ!と断言できる1枚。また売れる、というのは何よりの喜び。



7. Clair de Lune〜月の光  メナヘム・プレスラー(p)


90歳で恋してるんですよ、このおじい様。愛の結晶が音楽となる、ある意味理想。このアルバムでドビュッシーに出会ってもいい、と思える録音です。



8. Yann Tiersen / Eusa


ある日ふと、「あのアーティストの新作って出てないのかな?」「最近どうしてるのかな?」とよぎることがあります。映画『アメリ』の衝撃が強いヤン・ティルセンについても新譜が出てるじゃないか!と遅まきながら気づいたのでした。この作品、本当にアルバムの説明が書いていなくて、サイトにも情報が少なく、どういう気持ちでどういうコンセプトで作ったのかを探る(そしてそれを文にする)のが楽しかった1枚です。ジャケット画も果たして写真なのかどうか。アメリ過ぎず、でもヤン・ティルセンの音。配信のほうではアウトテイク的な作品がリリースされていますよ。



9. Jefferson-Jones Orchestra / Songs from the Garden of Love [CD-R]


フォークウェイズ作品、今年も多く良い作品を紹介できたと思っているのですが、個人的にはこの作品を。洒落のわかる男の職人技が光ります。あー50年代のポップスのコンピ作りたいなぁ…。



10. 田辺玄 / 風と音と


田辺玄さんと初めてお会いしたのは2016年末のharuka nakamura「12月のカーテンコール」のとき。その頃から「Gen Tanabe」の名前をクレジットで見かけることが増えてきたような気がします。彼のスタジオ「Studio Camel House」で録音やマスタリングをおこなうのが「このアーティストも!このアーティストもか!」と、雨と休日に関わるミュージシャンの間で多くみられるようになったのが、ひとつの時代の流れを見ているかのようでした。縁の下の力持ち的存在でもありますが、ソロミュージシャンとしての期待値も込めて待望と言いたいファースト・アルバム。
一例。miho ota + tatsuro yokoyama『concone』の録音風景と思われる一枚。


:::

[次点]

Kazunori Sugama, Mayu Gonto / Waterside


去年の3位にも選んでいたのですが、実は枚数的には去年よりも売れました(驚)。雨と休日の近年を象徴する1枚だなと改めて感じさせられました。このおふたりの活動には、来年も期待していいと思います。うん。


[番外]

雨と休日9周年記念冊子『100Q』


音楽作品でありませんが、春の9周年の際に、雨と休日として初めて作った冊子です。来年の10周年は(10周年なのに)何もできない予定(詳しくは→こちら)なので、引き続き未読の方はこちらをお楽しみいただければ、と。

---

今年は自主制作作品が良く売れました。逆に言うと、ネット上でCDを買う場合の「雨と休日」の存在がそういうものになったということでしょう。
来年新しい実店舗を始めるにあたり、改めてCDというフィジカル商材について考える機会が多い年でした。そんな中で、CD「ならでは」のジャケット・デザインの作品を紹介していく義務があると感じて、『紙とCD』というテーマも設けました。
テーマ【紙とCD】

あ、あとnote連載が一時休止状態となっているのが心残りです。時間があるときに再開しますので!

それでは皆様よいお年を。


「店主今年の10枚」記事一覧

1月の営業案内




【1月のお休み】

1〜3、5、6、12〜14、18、19、20、23、26、27、30日
[定休日]土・日・祝日
12月27日〜1月3日の間は冬季休業となります。

第3週はプライベートな事情でお休みが入る予定です。
18日(金)を臨時休業とさせていただきます。

第1週および第3週の定期更新はお休みです。

■第4週以降の業務時間変更のお知らせ
家族のプライベートな事情のため、業務時間および営業日に変更がございます。
第4週以降、業務営業時間を10〜17時とさせていただきます。
日毎のご注文の締め切り時間も17時とさせていただきます。
毎週水曜日もお休みとさせていただきます。


2019年春の実店舗再開準備のため2月中旬に引っ越しをおこないます。
その関係で今月より休業日を多くいただくこととなります。
また、急なお休みをいただく可能性がございます。
何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。
ご注文の際はトップページのお知らせ、ツイッター等をご確認ください。
 

冬季休業(年末年始の発送)のお知らせ


雨と休日オンラインショップは12月27日〜1月3日まで冬季休業となります。


【年内最終発送日】

年内発送分の注文締め切りは26日(水)20時
最終発送日は27日(木)となります。
(当日は休業日ですが発送業務のみ行います)

銀行振込/コンビニ決済は27日14時が年内発送の入金締切となります。
26日(水)20時以降のご注文は新年4日(金)以降の注文確定/発送となります。


【冬季休業中の購入制限について】

冬季休業中はゆうパックでの日付指定をお受けできません。(日付指定のみ可能)
ギフトラッピングの受付も休止させていただきます。


【年末年始の商品在庫について】

年末年始は業者が休みとなることと、棚卸月の為、在庫切れ商品が増えることとなります。
あらかじめお詫び申し上げます。


【オンラインショップの定期更新について】

オンラインショップの今年最後の定期更新は20日で終了。
新年初めの更新は11日を予定しております。(入荷状況次第では4日に)

どうぞ宜しくお願いいたします。
 

配送方法、送料、決済等の変更のお知らせ(2018年12月26日|10月1日|4月11日)


[2018年12月26日改訂]
いつも雨と休日オンラインショップをご利用ありがとうございます。

2019年1月1日より事業向けゆうパケット/ゆうメールの料金値上げが実施されます。そのため送料について
【2018年 12月26日20時以降】(冬季休業から)
の受注分より下記の料金に変更させていただきます。

●通常配送
送料 180円→200円(CD1枚)|280円→350円(CD2枚以上)


●簡易包装配送
送料 120円→140円


度々の送料変更をお詫び申し上げます。昨今の日本郵便の配送サービス全般における料金値上げ、ひいては業界全体の値上げ傾向においては、こうしてお客様にご負担いただかざるを得ない状況となっております。何卒ご理解のほどをお願い申し上げますとともに、今後とも変わらぬご愛顧を宜しくお願いいたします。


-----


[2018年10月1日改訂]
●送料無料サービス金額変更
ゆうパック配送料の値上がりに伴いまして、10月1日の発送分より送料無料サービスの金額を変更させていただくこととなりました。

商品合計7,000円(税込)以上 → 商品合計10,000円(税込)以上

また配送方法に「ゆうパック」をご利用の際の送料も変更となります。(注文時にご確認ください。)

値上げにつきましては大変心苦しい所存でございますが、何卒ご理解ご了承のほどをよろしくお願い申し上げます。
今後もより良いお店作りを目指してまいりますので、ご愛顧のほどを宜しくお願いいたします。

●コンビニ決済の期限変更
10月よりコンビニ決済の入金期限がご注文日より7日間となります。(変更前10日間)


-----


[2018年4月11日改訂]
いつも雨と休日オンラインショップをご利用ありがとうございます。

配送料の値上がりや配送業者の状況を鑑み、この度、4月11日午後より、配送方法と送料についていくつかの変更をさせていただくこととなりました。


通常配送送料 150円→180円(CD1枚)|250円→280円(CD2枚以上)
 これまでの配送方法でした「ゆうメール」を取りやめ「ゆうパケット」(追跡番号あり)へ変更します。枚数金額に関わらず1枚からゆうパケットで配送。ゆうパケットに入りきらないご注文はゆうパックでの配送となります(従来通り)。
代引通常配送の場合も同金額となります。ただしゆうパケットに代引き配送がないため、従来通りゆうメール代引き(追跡番号あり)での配送となります。

代引き手数料 一律260円→350円
 代引き決済の当店への送金の際に発生する手数料の一部を含めさせていただきます。

簡易梱包配送 120円 ※新規
 1枚のみの注文を対象とした、簡単な梱包で発送するコストを抑えた配送方法を新たに設置いたします。配送方法は「ゆうメール(普通郵便と同じ)」となります。代引き配送に簡易包装配送はございません。
 こちらの配送方法のみ免責事項がございまして、商品を緩衝材の無い封筒に入れるだけの梱包であるため、輸送中の破損については交換の対象外とさせていただきます。傷ついたり割れたりしても良い、余分な包装は要らない、届くまでに時間がかかってもいい、という方に向けた配送方法となります。

今回の変更に伴い、一部対象商品の送料無料サービスは終了とさせていただきます。

箱梱包ギフト配送(ゆうパック)をゆうパックへ統合
 ギフトラッピングに「箱梱包」をご利用の場合、「箱梱包ギフト配送(ゆうパック)」をご選択いただいておりましたが、注文時のわかりやすさを優先しこれを廃止し、「ゆうパック」に統合しました。


変更内容をわかりやすくいえば、メインの配送方法を基本的に追跡番号のある配送に変更し安心感アップ&配達も若干早まるかと、でもちょっと送料上がってしまいますごめんなさい。(その代わりといっては何ですが)安いけれど破損の保障はしません了解してね、というゆうメール簡易包装を開始します。…という事になります!

メインとなる通常配送ではこれまでゆうメールを利用しておりましたが、ここ最近以前に比べ配達の遅れなどが目立つようになりました(おそらく郵便局の配送業務状況の影響かと思われます)。ゆうメールに関してはこれまで大きな郵便事故がなかったため継続しておりましたが、配達に関しても責任を負わなければならないという観点、そして商品を確実に早くお届けすることを最優先とし、ゆうパケットをメインの配送方法として利用することに変更させていただくこととなりました。
 

輸入盤¥200 OFFセール




年末の決算および来春の店舗移転に向けた在庫整理の一環として
在庫多めの輸入盤を対象に200円オフとなるセールを行います。

【開催時期】
12月13日(木)12:00〜25日(火)12:00


【対象商品】
下記URLにまとめております。
http://shop.ameto.biz/?mode=grp&gid=1981622&sort=n

輸入盤すべてが対象ではございません。悪しからず。
対象商品の価格はすでに値下げ済みの価格となります。

雨と休日では定期的なセールなどは行っておりませんので、
是非この機会に購入をご検討くださいませ。
 

2018年11月売上TOP10



1. 森ゆに / シューベルト歌曲集



2. 田辺玄 / 風と音と



3. miho ota + tatsuro yokoyama / concone



4. Akira Uchida / Silent Prayer



5. 森ゆに / 祝いのうた



6. Kazunori Sugama, Mayu Gonto / Waterside



7. Sonoko Ito / Reed Organ Hymns



8. The Green Kingdom / Seen And Unseen [CD-R]



9. V.A. / A Windham Hill Christmas
※完売/今年の入荷予定なし


10. Paniyolo / Christmas Album

 

密かに愛される歌姫シェルビー・フリント



Gregg Karukas feat. Shelby Flint / Home for The Holidays


再CD化を持ちかけ実現しました。
クリスマスに間に合いました。
シェルビー・フリント、好きなんです。

例えばディズニーのこれ。


ミシェル・ルグラン作曲のこれ。


そしてCD化されたときに当店でも扱ったこれ。


Shelby Flint / The Quiet Girl


シェルビー・フリントってこの『クワイエット・ガール』を含む、ヴァリアントというレーベルに残した3枚のアルバム以降アルバムを作ったりはしていないのかな、という疑問から彼女のディスコグラフィーを調べたところ、70年代以降はジャズ(フュージョン)寄りの音楽活動をしていたようなんですね。

寡作で、アルバムの数は少ないのですが、そんな中彼女自身のアルバムではないけれどクリスマス・アルバムがあるぞ、と発見したのがこの『Home for The Holidays』です。

ライナーノーツにも記していますが、グレッグ・カルーキス(カルーカスという表記が一般的かもしれませんが、実際の発音は「クルーキス」に近いみたいです)って誰だ?とはじめ思ったわけですが、いわゆるスムース・ジャズに詳しい人なら知ってるぐらいの名プレイヤーでした。

言いたいことはライナーノーツに全部書いたのでここで書くことは少ないのですが、改めて、良い歌声だなぁと。60年代の頃とは歌い方も変わっていますが、それでも彼女らしさは健在。

このCDをリリースしているミューザックに作品化を持ちかけたのは、


Miss Abrams and the Strawberry Point 4th Grade Class


以来です。
元の輸入盤のジャケットがパッとしなかったので、イラストのジャケットに。
シェルビーのディスコグラフィーの中でも重要な作品。
クリスマス・アルバムとしても一級品です。
 

銀行振込決済送料無料キャンペーン




※終了いたしました

【開催時期】
12月4日(火)12:00〜7日(金)12:00


銀行振込の決済に限り、送料が無料となります。

【参加方法】
決済方法で「銀行振込」(ゆうちょ、三井住友、三菱UFJ、ジャパンネット銀行)のいずれかを選択してください。
配送方法は「通常配送(ゆうパケット)」を選択してください。
(対象のご注文の配送はすべてゆうパケットとなります)

ご注文時には送料が加算されますが、受付後、ご注文の確定時に送料分をマイナスする手続きをこちらでいたします。

銀行振込以外の決済は対象外。
すでに送料無料となる商品/お買い物条件は対象外となります。

皆様のご注文をお待ちしております。

※次回セール予告
 年末の決算に向けまして12月中旬に一部在庫一掃セールを行う予定です。
 

12月の営業案内




【12月のお休み】

1、2、8、9、15、16、21、21〜24、27〜31日
[定休日]土・日・祝日

21日は臨時休業となる予定ですとなります。

24日は祝日ですが営業いたします。
27日から新年1月3日まで冬季休業となります。
27日は発送のみ行います。

年内の新規作品の更新は20日(木)が最後となります。

来年度の実店舗再開準備のため急なお休みをいただく可能性がございます。
ご注文の際はトップページのお知らせ、ツイッター等をご確認ください。
 

2019年の実店舗再開に向けてのお知らせと在庫状況について





【実店舗再開に向けてのお知らせ】

いつも雨と休日をご利用いただき、また気にかけていただきありがとうございます。

2014年末に西荻窪の実店舗を閉店して早4年が経とうとしておりますが、この度ようやく、新店舗を東京の西のほう(かなり西のほうです)で開店する目途が立ちました。来年の春〜初夏を予定しております。これから契約等ありまして、もろもろ滞りなく本決まりになりましたら具体的な場所などの詳細をお知らせできるかと思います。

雨と休日は来年2月末に10周年を迎えるのですが、ちょうどその時期に引っ越しが重なる予定です。引っ越し時期の2月〜3月にかけて、オンラインショップのほうも休業させていただく期間があります。そのため今回のアニバーサリーの記念企画は見送らせていただくこととなるかと思われます。実店舗開店の際には何かしら企画を、とも考えておりますのでそちらを楽しみにお待ちいただけたら幸いです。

実店舗のほうは続報をお待ちくださいませ。


【在庫状況について】

移転に向けまして、現在商品在庫を絞っていっているところです。2018年11月から2019年春までは販売タイトル数を減らしている状況となります。以前は取り扱いがあった作品で今だけショップ上から削除(非公開)としているものも増えています。

クリスマス作品も例年より少なめの在庫数となっておりまして、輸入盤は多くが在庫限りの販売となります。

何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。
 

2018年10月売上TOP10



1. miho ota + tatsuro yokoyama / concone



2. 森ゆに / シューベルト歌曲集



3. Tobias Wilden / A Path To Open Air + Minute Maps



4. AOKI, hayato / 小さな歌



5. Kazunori Sugama, Mayu Gonto / Waterside



6. Tobias Wilden / Outer Limits



7. AOKI, hayato と haruka nakamura / FOLKLORE



8. Chilly Gonzales / Solo Piano III



9. 土持悠孝 / 或る実



10. Danish String Quartet / Last Leaf

 

2018年9月売上TOP10



1. Tobias Wilden / Outer Limits



2. Akira Uchida / Silent Prayer



3. 土持悠孝 / 或る実



4. 木太聡 / 不在の教会



5. Kazunori Sugama, Mayu Gonto / Waterside



6. Danish String Quartet / Last Leaf



7. Trio Mediaeval & Arve Henriksen / Rimur



8. Tobias Wilden / A Path To Open Air + Minute Maps



9. AOKI, hayato と haruka nakamura / FOLKLORE



10. The Caretaker / Everywhere At The End Of Time Stages 1-3

 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
お知らせ
出張販売、DJ、トークイベント等、ご依頼受付中。CD作品の持ち込み売り込み、メジャー/マイナー、レーベル/個人問わず随時募集中。お気軽にメールアドレス[ infoあっとameto.biz ]またはお問合せフォームからご連絡ください。
Links
Profile
Categories
Archives
Search this site.
Others