あの国あの時代



ウィーン、わが夢の町 田辺秀樹(p)


19曲目「ウィーン、わが夢の町」。
この曲が持っている魅力を
どう言葉にすればよいでしょうか。
文字で表そうとする前に、
このメロディに胸を熱くさせられます。
他のどの国のどの時代の音楽の性質とも違う、
純粋に甘い音楽を求め、
純粋に美しい音楽を求めた結果。
それを可能にした時代性が
ウィーンという街にあったのでしょう。

19世紀後半から20世紀初頭にかけて
ウィーンで生まれた、いわゆる軽音楽的なワルツやポルカ。
社交場で貴婦人たちが気軽に楽しんだダンス音楽。
あるいはカフェで歌われ、
街の人々がワインやビールを飲みながら嗜んだ音楽。

演奏されている田辺氏は
ドイツ文学者であり、一橋大学名誉教でもある方。

ご本人が書かれているライナーノーツにもありますが、
もともとは歌の作品で、
ピアノ伴奏のヴァイオリンなどに編曲されることはあっても
こういったピアノ・ソロでの演奏
さらに録音は希少価値のあるものです。

この時代の曲を集めたCDは非常に少ないです。
なぜでしょうか。

ひとつは「クラシック音楽」として
「低俗」「凡庸」であるという理由。
わざわざこんなライトな音楽を
歌って(あるいは演奏して)録音したりしない。
同様の理由でオペレッタ(オペラのより庶民的な
も長らく顧みられないものでしたが、
CDができてからはオペレッタ文化に
注目する音楽家が増えてきている印象です。

もうひとつは「無名」である、という理由。
ヨハン・シュトラウス2世のような例外はありつつも、
このCDに収録されている多くの曲の作者は
いわゆる流行作曲家のような扱い。
曲は有名であっても
あくまでその曲のみで知られる、というのが通例。
似たような曲を作り続けても
やがて単なる時代の流れに埋もれて個々の評価をされなくなる。
流行歌は流行歌の楽しみがあり、
気楽さがあり、街の人々の喜怒哀楽がある、
そこが魅力であって、
それ以上の薀蓄は要らないというもの。

まぁ、聴いてごらんなさいよ。
…という具合がいいのかもしれませんね。


 

クール・アンド・ウォーム



Bill Brovold & Jamie Saft / Serenity Knolls


立ち振る舞いはクール。
しかしサウンドはウォーム。
New Zion Trioのジェイミー・サフト。
RHYS CHATHAMのビル・ブロボールド。
ふたりの先鋭ギタリストが共演した、
フォーキーでブルージーなリラクシン・ミュージック。

『穏やかな丘陵』というタイトルに、
野性味あるジャケット。

かようなネイチャー・サウンド的アルバムも、
刺激を求めた結果。
カッコいいだろうと言わんばかりの自信作なのでは
と思わせるところが憎い。

ジェイミー・サフトと言えば、のNew Zion Trioですが、
今年来日をしたばかり。
当店でも以前取扱いしていた
ファースト・アルバムは今は廃盤の様で残念。

普段から尖った感じの音楽をやっている
ミュージシャンが、
ふと見せる優しい顔のような作品。

…っていいですよね。
というアルバムです。


(アルバム未収録曲のようですが雰囲気がいちばんよく出ている動画がこれ)

「一筋縄じゃいかない」って
雰囲気が漂いまくる二人です。

 

飾らないクラシック


ギャラが高額な有名演奏家ではなく、
無名ながら実力十分の演奏家を起用し価格を抑えつつ、
クラシックをより親しみやすいものとして紹介してくれる
香港のNAXOSレーベル。
有名曲から無名の掘り出しものまで膨大なカタログ量を誇る
その中で、NAXOSがつくるコンピレーション・アルバム(名曲集)は、
過剰な飾りのない、目的だけを遂行したような
シンプルな作りとなっています。
例えばこのCD。


バロック・ラルゴ名曲集


同じような内容のCDが
メジャー系レコード会社から出た場合、
もっと癒し系アピール満載で、
こっちが辟易してしまいそうになることがほとんど。
バロック時代の曲だけで統一されている点も良し。


The Maiden's Prayer - Leaves from Grandmother's Piano Album 〜おばあちゃんのピアノ・アルバムより


こちらの『おばあちゃんのピアノ・アルバムより』は、
親しみやすく素朴なメロディが魅力の
ピアノ小品を集めたもの。
有名すぎて逆にちゃんと聴いたことがない曲も
あったりするのでは。
企画勝ちの1枚。
 

映画のワンシーンが浮かび上がる



Iwamura Ryuta / Tokyo Reminder


はじめ、YouTubeにアップされた音楽が、
映画『コントロール(2007年公開)』で知られる
プロデューサーTodd Eckertの耳にとまり、
アメリカに招かれ録音されたこの音源。
それは5年前の話。
アメリカ、ヨーロッパでリリースされる予定だったものの実現されず、
ここに岩村竜太の初期作品としてCD化されました。
これまでリリースされたピアノ・ソロ3作品とはまた違った作品です。

もともと岩村氏が5年ほど前からYouTubeにアップしている音源では、
ピアノ以外にも様々な楽器や効果音を使って曲を作り上げています。



また、ピアノ曲でも映像とともに聴くことによって
プラスαのイメージが広がっていきます。



『Tokyo Reminder』はこういった彼独特の作風の
延長線上にある作品と言えるでしょう。

2曲目「The Bird Has Gone」がこのアルバムを象徴する1曲かと思いますが、
個人的には、ビル群に飛び立つ鳥の画…といった感じの
まるでアニメ映画のワンシーンのようなイメージが浮かびます。

岩村竜太はプロのミュージシャンではありません。
仕事の傍ら、こういった作品を作っていますが、
そのクオリティはとても高く、
作曲のアプローチは個性的です。
アメリカから(しかも本業の音楽プロデューサーではない人から)
声をかけられるというのも現代的なエピソードですが、
それも納得いくもの。

東京に住む人には感じるものがあるでしょう。
訳あって東京を離れた人への
音楽の贈り物にもなるかもしれませんね。
 

フェミニズムとまでいかなくとも



La La / Zamba Puta


La Láという名のアーティスト。
ラ→・ラ↑ー というアクセントになるかと。
カカーと一緒ですね。
ララァとは違う、と。

この作品、帯やライナーに書かれてありますが、
「Zamba Puta」というタイトルに彼女のメッセージが込められています。
以下メーカーインフォより引用。

―Zambaはペルー起源でアルゼンチンで盛んな伝統的ダンス音楽のジャンルですが、
 Putaは一般的は言ってはいけない英語のbitchに相当することばです。
 そのようなタイトルにした理由は、2017年の世界女性デー(3月8日)に
 ラ・ラー自身が映像とともにアップしています。
 「女性であることで受けるいわれのないXXputaのような侮辱的なことばがあります。
 私はその現実に目を背けず、疑問を持ち続け、
 そんなことがまかり通る世の中を少しでも快適なものに変えていきたいと思います。
 そのためにあえてアルバムのタイトルを
 『Zamba Puta(サンバ・プータ)』にします」
 という思いが込められています。



歌詞はそこまでストレートではありませんが、
強い意志をもった言葉のひとつひとつを見ることができます。
(対訳付きの国内盤仕様を取り扱っております)

短いアルバムです。
ファースト・アルバムに比べると彼女のやりたいことが
簡潔にまとまっている感じが。
各曲の中では様々なリズムのミクスチャー具合や、
ストリングスやトロンボーン、フルートなどの
使い方にセンスを感じさせます。
2曲目、5曲目が特にオススメ。

強いメッセージを込めているからこそ
輝きを持っている。
そんな歌は、ジョイスの『Feminina』を思わせます。


Joyce / Feminina & Agua e Luz


ペルーやブラジルのような国では
日常的な性的差別が横行していると聞きます。
日本で生活する人間にとっては
想像しにくいことではありますが、
その国の音楽を知ること=その国の文化、情勢を知ること
は、とても重要な音楽の聴き方のひとつ。
フェミニズムとまでいかなくとも
あなたの意識を変え得る作品となることでしょう。
彼女の歌の心地よさと一緒に。

こちらは2曲目の素晴らしきライヴ・ヴァージョン。
La Lá. Caramelo. Concierto Rosa.

 

春に聴きたいブロッサム・ディアリー


ブロッサム・ディアリー。
この素敵な名前の女性アーティストに惹かれる
ファンはとても多いことでしょう。

コケティッシュな魅力をもったジャズ・シンガーの
代表的存在です。
少女のような、というか幼女のような
その歌声がまず取り上げられますが、
彼女の本質はその可愛らしさではありません。
ブロッサムの本当の素晴らしさは、
歌に対する真摯な態度です。

2009年に亡くなったとき、
(ちょうど雨と休日がオープンしたての頃)
実店舗のほうでも追悼特集を組んだのですが、
今回改めて「春に聴きたいブロッサム・ディアリー」として、
まとめてご紹介いたします。
ここで紹介する彼女の作品は、
本当に春にぴったりなんです。



Blossom Dearie (1956)


ブルー・スターズというコーラス・グループで
レコードを作った後の、彼女のソロ・デビュー作です。
春の曲が3、4曲。
伴奏の編成も多すぎず、初期の代表作はやはりこれ。
10曲目の「Now At Last」は
Feistがカヴァーしたヴァージョンも美しいです。
後のDaffodilの諸作とは違って
この頃はストレートなジャズ作品といえますね。



Blossom Dearie / Sings: Blossom's Own Treasures


Verve、Fontanaといったメジャー・レーベルに
多くの録音を残したのちに、
彼女は1973年に自らのレーベル「Daffodil Records」を立ち上げます。
それは音楽家としての理想を求めた故のレーベル設立でした。

その第1弾であるアルバム『Sings』は、
レーベル発足直後であるがためにコストを抑えなくてはならず、
(著作権を支払わないように)すべて自作曲で
録音もモノラルで、曲によっては音質も悪いという
悪条件下での制作でした。
しかしそれが逆に良い味を出す結果となり、
この『Sings』を特別なアルバムにしている要因となっています。
少しチープな音質だからこその
柔らかさ温かさがあるアルバムです。
「Sunday Afternoon」という曲もあり、
日曜の午後に聴くのに最高のアルバム。



Blossom Dearie / 1975: from the Meticulous to the Sublime


さて、『Sings』がそれなりの売上を残したおかげで制作資金も手にし、
ブロッサムは満を持してこの第2弾『1975』を録音したのでしょう。
1曲目の「I'm Hip」。
作詞デイヴ・フリッシュバーグ、作曲ボブ・ドロウという
彼女のキャリアを通じて交流の深かったふたりの作品です。
とにかくブロッサムを語るうえで必聴の曲です。
それ以外にも良曲満載の好内容となっています。
Daffodilで最初に手にしたのがこのアルバム、
という人も多いのでは。
ポップスとジャズとを合わせたような
そのどちらでもないような彼女の作風が
確立されたアルバムと言えるでしょう。



Blossom Dearie / Winchester in Apple Blossom Time


雨と休日で一押しなのがこの『Winchester in Apple Blossom Time』です。
Daffodilでの第4弾となります。
あたたかな春の陽射しに包まれるようなアルバム。
春の曲もありますし。
まどろみます。
ジャケット内の写真がまた良いですね。
そういったところを含めて
Daffodilの日本盤をリリースしている
Celesteレーベルのデザイン性の素晴らしさを感じさせます。

ちなみに「The Ballad Of The Shape Of Things」は
日本のドッペルツィマーも取り上げており、
美しいリスペクトを感じさせるカヴァーになっています。
Doppelzimmer / 田園


≪追記≫


Blossom Dearie / Needlepoint Magic


Daffodilの第5弾が『Needlepoint Magic』。
これについては過去記事を。
http://blog.ameto.biz/?eid=1427385
ファンなら聴くべきライヴ・アルバムです。
 

水辺の音楽



Kazunori Sugama, Mayu Gonto / Waterside


sui saiのギタリスト菅間さんからは
いつも突然の手紙のように新作が届く。

今回は真由さんとのデュオだ。
動向をチェックしてない自分も悪いが、
ふたりに繋がりがあったとはという驚き。

彼のギターを水の流れに例えてきたけれど、
ここで聴けるのは
普段の、尽きることの無い潤沢な水量のようなギタリズム、
というより、
浸みた土の奥底を流れていくようなものだったり、
葉の上でなだれ落ち輝くようなものだったりする、ように感じる。

権頭真由さんについては
普段アコーディオンや歌などで聴く機会が多いので、
彼女が弾くピアノをこうしてじっくり聴くのは初めてかもしれない。
音の生まれ方、鳴らし方が、なんとも自然。

そして今回も録音が良い。
雑司ヶ谷音楽堂。
「下町のご夫婦が営むちいさな、とても素敵な建物です」
とは、菅間氏談。
録音場所もアルバムごとに毎回違う。

『Waterside』というタイトルに
深い意味があるかどうかを詮索するのは自由。
でももしあなたが川辺に住んでいるようなら、
このアルバムはとても特別なものになるに違いない。
そうなら、羨ましい。

アルバムについて菅間さんはfacebookにこう記している。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1754857441500089&id=100009275497133

「権頭さんは この人は、本当にピアノとひとつでした。」
この一文が、多くを表わしている。
「You are my waltz」は名曲。


 

この世界の静かな風景に



Toti Soler / Transparencies


以前、(おそらく)スペインで作られた
トティ・ソレールのドキュメンタリー番組を見たのですが、
トティはこのCDの内ジャケットの写真と
おそらく同じ自転車に乗り、
人気のない農道をひとり走っていく
という映像がありました。

石造りの街並みと、隠れ家のような自宅の部屋。
そこにトティのギターが流れていました。
それは、何とも美しく静かな映画を見ているかのようでした。

世界中にある同じような静かな風景に、
彼のギター音楽が流れているような錯覚。
その音楽があるだけで、ここではないどこかに
連れて行かれるような錯覚。

ギター作品『Vida Secreta』
当店で取扱い始めたことから、
近年の作品が国内盤としてリリースされるなど
トティ・ソレールの人気に火が付いたと
行っても差し支えないかと。
『Vida Secreta』も今年国内盤がリリースされましたが、
そこにヘニング・シュミートの
コメントが寄せられています。
聞く話によると、
ヘニング氏は来日時の車移動の中で
『Vida Secreta』を聞いていたところ、
目的地に着いてもアルバムが終わるまで
その車を降りずに聴いていた、
というエピソードがあったのだそうです。

『Vida Secreta』を気に入った方には
是非とも手に取って欲しい『Transparencies』。
トティのこれまでの作品は
歌が入っているものが大半を占めます。
2016年はトティの音楽活動50周年であるそうで、
32枚目にあたるというこの作品で、
彼は何故ギターのみの曲を選んで
アルバムを作ろうと考えたのでしょうか。
もし会うことがあったら訊いてみたいものです。


 

冬の庭



Federico Durand / Jardin de Invierno


澄んだ冬の空気の中では、
耳をすますとどこまでも遠くの音が聞こえてきそう。
どこかで鳴る滴の音。
凍った草木に反響する風の音や
結晶が形作られるような微細な音の重なり。

これまでブエノスアイレスに住み
作品を生み出していたフェデリコ・デュランドは、
山中にある小屋に移住することを決め、
そこで音楽活動を続けることにしました。

小屋の周りの自然。
それはアナログなサウンド、
風景に溶けるようなサウンドをこれまでにも
作り上げていたフェデリコが求めたもの。

それを音楽に取り込みたいと考えた結果、
彼はこのページにある写真のように
庭に面した場所に机を置き、
その上に様々な(小さな)楽器を並べて
録音を始めました。

Recording place/home in La Cumbre, Argentina ~ Jardín de invierno (Spekk)

冬の庭を見つめ、そうして出来上がったのが、
本作『Jardin de Invierno』です。


アートブックのようになっている
ジャケットの中には
こう書かれた文章があります。

-----

このアルバムには、古い山の家の魂が入っています。

それは『冬の庭』の各楽曲は一度のテイクで録音され、

後に編集やミックスも行うことなく、その瞬間を捉えているからです。

それは最小限の音のパレットで制作した、まるで雪の結晶のような大きさの小さなメロディーです。



-----

ジャケットは同じアルゼンチンのイラストレーター、
Cecilia Afonso Estevesによる描きおろし。

http://unaflordepapel.blogspot.jp/
http://unlagodepapel.tumblr.com/

このセシリアというイラストレーターの作品は、
どれも可愛らしくて欲しくなってしまいます。

自然になり切る、とまでは行きませんが、
限りなく自然に寄り添うように作られた作品。
流せば、そこには自分だけの冬の楽園が広がることでしょう。
 

良い作品はいつまで経っても良い


なかなかの粒ぞろいとなっている
ソニー・ミュージックのブラジル音楽再発シリーズ
≪BRASIL COLLECTION 1000≫。
https://www.sonymusicshop.jp/
その中から3点を。


Paul Winter with Carlos Lyra / The Sound of Ipanema


ポール・ウィンターがリーダーであるけれど、
彼のサックスは間奏でメロディを吹く程度に抑えられていて、
出しゃばらない。
他のメンバーもとても控えめ。
イントロや歌の後にセルジオ・メンデスのピアノが
ポロンと鳴るところなど
「いい音色だなぁ」と思わずにいられません。


Cartola / Verde Que Te Quero Rosa


ジャケットの良さを含めたサンバの大名盤。
サンバは決して賑やかなだけの音楽ではなく、
(カーニバルの無尽蔵な熱狂は、あれはあれで意味があるのですが)
「サンバってこんな渋味のある音楽なんだ」
と皆さんに知ってもらいたい、
そういう作品です。
いつ聴いても(いつこのジャケを見ても)、
コーヒーを飲みたくなります。
もちろんブラジル産の豆で。


Miucha & Antonio Carlos Jobim


ミウシャはジョアン・ジルベルトの二人目の奥さん。
(一人目はアストラッド・ジルベルト)
素敵な歌声を持った方。
そしてこのアルバムは捨て曲無し。
アントニオ・カルロス・ジョビンが演奏だけでなく
そのヘタウマ・ヴォーカルを惜しげも無く披露して
歌っているデュエット・アルバムと言えば、
エリス・レジーナとの『Elis & Tom』が有名ですが、
それと比べるとこちらはもっとリラックスした感じで
音楽的にもなかなか他に無いレベルの貴重な1枚。
まぁ、本職は歌手ではない人が歌っているのですから、
よっぽど気分よくレコーディングしていたのでしょう。


日本の音楽業界では、ブラジル音楽のブームは
もうすでに去ったかのように見受けられますが、
良い作品はいつまで経っても良い、
という事実を証明する傑作盤たちです。

しかしまぁ、これが1080円で聴けるのだから、
良い時代になったという言葉以外に何もないです。
もうちょっと高くして歌詞が付いていたら
もっと良かったのですが、
それも時代の流れなのかも知れません。
ポール・ウィンターの作品などは、
最初は小西康陽氏と橋下徹氏の解説が付いて
CD化されていたのですけどね。
 
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
お知らせ
出張販売、DJ、トークイベント等、ご依頼受付中。CD作品の持ち込み売り込み、メジャー/マイナー、レーベル/個人問わず随時募集中。お気軽にメールアドレス[ infoあっとameto.biz ]またはお問合せフォームからご連絡ください。
出張販売スケジュール
≫ 10/21〜11/5 鎌倉市 vuori
≫ 12/9〜30 新潟県南魚沼市 里山十帖
≫ 2018年3月 台湾某所

☆現在2018年1〜2月、5月以降のご依頼を受付中。
Links
Profile
Categories
Archives
Search this site.
Others