店主今年の10枚:2018年




年末恒例、売上や新譜旧譜に関係ない店主の個人的な年間ベスト10です。年々だんだん長文に。



1. haruka nakamura / アイル


3月の発売となるとだいぶ昔の話の気がしてしまいます…。それだけ今年の後半は公私ともに慌ただしく…。それは置いといて、さて、8cmCD短冊ジャケットの可愛らしさと、この曲とぴったりマッチする存在感が何物にも代え難いフィジカルの魅力。「新曲は短冊ジャケです!」と言われた時の驚きと感激。特典の対談でも少し話しているのですが、ちょうど僕も同じ時期にこのジャケットの写真家、岩倉しおりさんの存在を知って、「え、岩倉さん!?…確かに合う!」と二重に驚いたものです(彼女のツイートに「雨と休日」というタイトルのツイートがあって、それで知ったのでした――そしてその一部はジャケットにも使用されています)。


…で特典、まだあります!(なので対談のweb公開はまだ先です悪しからず)



2. Tobias Wilden / Outer Limits


自宅で打った蕎麦がその道ウン十年の職人の味に引けを取らず、しかも最新機器を駆使している。例えたらそんな感じ。10月に来日を果たしたトビアス君。ほんと、シャイな人柄を含めて愛すべき演奏でした。ソロ・プレイヤーにあるべき「リズム感」を持っているところが彼の演奏のクオリティを上げている最大の要因かと。いわゆる宅録ミュージシャンなのですが、人前で本格的に演奏したのはあの時が初めてだったそうで。また日本に来てライヴがしたい(むしろ日本でしたい、ぐらいの感じ)、と言っていたので次に会えるのを楽しみに待つことにします。



3. 土持悠孝 / 或る実


普段、フリーペーパー「雨とQ日」の内容は紙面以外では公開していないのですが、思うところあって秋頃のメールマガジンに載せたところ大きな反響を頂きました。土持さんは雨が岩に染み込むような、そんな音楽を作ります。今年は雨の災害が大きなニュースになりました。雨という字を屋号に付けているといつもこういう時に心苦しい思いをするのですが、土持さんから「良い名前だと思います」と言われた時には少しばかり気が軽くなったようでした。土持悠孝はこれまでCD-Rのリリースでしたが、今回初のCD作品に。それはつまりミュージシャンとしての意志でもあります。



4. miho ota + tatsuro yokoyama / concone


教則曲はとても魅力的。いつも教則曲でいいCDはないかと探しているのですが目的が目的だけにデザインや選曲の良さを伴った作品はなかなかありません。つまりこういう作品を待っていたのです。ピアニスト横山さんは面白い経歴の持ち主で、彼のソロ・アルバムもリリースされるといいなぁ。



5. 森ゆに / シューベルト歌曲集


新装盤。旧盤の真っ白なイメージから一新。旧盤のしっかりした紙質の正統派紙ジャケットも良かったのですが、青木隼人が新たにデザインしたこちらの封筒型ジャケットもまた作品へ深いイメージを与えているようで良い。来年は田辺玄、青木隼人とのユニット「みどり」のリリースを期待。



6. Goldmund / the malady of elegance


生産終了となった作品を再プレスするには条件が揃わなければ叶いません。契約の問題。まだ売れるのかどうかという判断。良い作品でも再プレスされるかされないか、には大人の事情が大きく影響します。ゴールドムンドの代表作はこれ!と断言できる1枚。また売ることができる、というのは何よりの喜び。



7. Clair de Lune〜月の光  メナヘム・プレスラー(p)


90歳で恋してるんですよ、このおじい様。愛の結晶が音楽となる、ある意味理想。このアルバムでドビュッシーに出会ってもいい、と思える録音です。



8. Yann Tiersen / Eusa


ある日ふと、「あのアーティストの新作って出てないのかな?」「最近どうしてるのかな?」とよぎることがあります。映画『アメリ』の衝撃が強いヤン・ティルセンについても、新譜が出てるじゃないか!と遅まきながら気づいたのでした。この作品、本当にアルバムの説明が書いていなくて、サイトにも情報が少なく、どういう気持ちでどういうコンセプトで作ったのかを探る(そしてそれを文にする)のが楽しかった1枚です。ジャケット画も果たして写真なのかどうか。アメリ過ぎず、でも、ヤン・ティルセンの音。配信のほうではアウトテイク的な作品がリリースされていますよ。



9. Jefferson-Jones Orchestra / Songs from the Garden of Love [CD-R]


フォークウェイズ作品、今年も多く良い作品を紹介できたと思っているのですが、個人的にはこの作品を。洒落のわかる男の職人技が光ります。あー50年代のポップスのコンピ作りたいなぁ…。



10. 田辺玄 / 風と音と


玄さんと初めてお会いしたのは2016年末のharuka nakamura「12月のカーテンコール」のとき。その頃から「Gen Tanabe」の名前をクレジットで見かけることが増えてきたような気がします。彼のスタジオ「Studio Camel House」で録音やマスタリングをおこなうのが「このアーティストも!このアーティストもか!」と、雨と休日に関わるミュージシャンの間で多くみられるようになったのが、ひとつの時代の流れを見ているかのようでした。縁の下の力持ち的存在でもありますが、ソロミュージシャンとしての期待値も込めて待望と言いたいファースト・アルバム。
一例。miho ota + tatsuro yokoyama『concone』の録音風景と思われる一枚。


:::

[次点]

Kazunori Sugama, Mayu Gonto / Waterside


去年の3位にも選んでいたのですが、実は枚数的には去年よりも売れました(驚)。雨と休日の近年を象徴する1枚だなと改めて感じさせられました。このおふたりの活動には、来年も期待していいと思います。うん。


[番外]

雨と休日9周年記念冊子『100Q』


音楽作品でありませんが、春の9周年の際に、雨と休日として初めて作った冊子です。来年の10周年は(10周年なのに)何もできない予定(詳しくは→こちら)なので、引き続き未読の方はこちらをお楽しみいただければ、と。

---

今年は自主制作作品が良く売れました。逆に言うと、ネット上でCDを買う場合の「雨と休日」の存在がそういうものになったということでしょう。
来年新しい実店舗を始めるにあたり、改めてCDというフィジカル商材について考える機会が多い年でした。そんな中で、CD「ならでは」のジャケット・デザインの作品を紹介していく義務があると感じて、『紙とCD』というテーマも設けました。
テーマ【紙とCD】

あ、あとnote連載が一時休止状態となっているのが心残りです。時間があるときに再開しますので!

それでは皆様よいお年を。


「店主今年の10枚」記事一覧

店主今年の10枚:2017年




年末恒例、
売上や新譜旧譜に関係ない
店主の個人的な年間ベスト10です。
文章もいつもより個人的なので気楽に読んでください。



1. Hirofumi Nakamura / guitarscape

今年半ばにしてすでにナンバー1候補と書いていましたが、
やっぱりこの1枚。
アイルランドの音楽をギター1本で優しく強かに弾く。
あたたかな夕暮れを見るよう。
ありそうでなかった、欲しかったアルバム。


2. "Midwinter Spring" アレッサンドロ・ステッラ(p)

久しぶりに「見つけた!」と思った1枚。
選曲とジャケットの勝利。
カンチェッリという作曲家を好きになるアルバム。
(でもソロ楽器作品以外はけっこう前衛的です)


3. Kazunori Sugama, Mayu Gonto / Waterside

9月の誠光社さんでの出張販売は
今年の一大イベントでしたが、
この作品だけはキャプションに敢えて内容について書いていませんでした。
それが会期中一番売れたというのが印象深い出来事。
「You are my waltz」の美しさ。


4. Kiev Acoustic Trio / Moment

10位でも登場しますresonance music吉本宏さんから
声をかけてもらってライナーノーツを担当。
ジャズ・マニアも手に取る作品のライナーノーツということもあり、
気合が入りました。
僕もこの作品を知ったのは『中川ワニジャズブック』でした。
飾っておきたい1枚です。


5. Plainte 嘆き - Viol music of French

クラシック作品(古楽ですが)で
これほど売れたのは過去に例があったかな、
というぐらい好評いただいた1枚。
詳しいところまで評する楽器的知識がありませんが、
演奏レベルも申し分ないのでは。


6. AOKI, hayato / 小さな歌

青木さんにお願いして特典ポストカードを作ってもらい、
ほぼ独占で販売させていただいた。
年間売り上げランキングは年明けに発表しますが、
おかげさまで(多分)今年一番売れた作品になったかと。
毎回、聴く人を飽きさせない作品を作る
青木隼人というアーティストの素晴らしさよ。


7. Dustin O'Halloran / Lumiere

2月末の8周年の際に配った「続・雨と休日の廃盤案内帳」に掲載。
そして再発。
祝!
この記事の公開後、『Lumiere』をお買い上げいただいた先着10名様に
「続・雨と休日の廃盤案内帳」の残り僅かなストック分から
プレゼントいたします!


8. 阿部海太郎 / The Gardens - Chamber music for Clematis no Oka

「室内楽」というのが今年ひとつ注目したキーワード。
ジャンルに拘らない室内楽的作品を楽しんで欲しく
【室内楽のたのしみ】
というテーマも設けました。
海太郎さんは以前より良質な作品を作っていましたが、
室内楽という形式に特化したこの作品が
予想以上に好評だったのも今年のトピック。
「さすがウチのお客さん」
と勝手に誇らしげに思っておりました。


9. CANTUS / オディエ

森ゆに(CANTUSとも度々共演)の『シューベルト歌曲集』もそうですが、
クラシックだけど純粋なクラシックではない、
でも所謂クロスオーバー的な視点ではないという作品。
「本物から離れて」受け入れられようとするのではなく、
「本物にできるだけ近く」あることを大事にする。
そういう作品こそが広く受け入れられて欲しい。


10. V.A. / Lunchtime Jazz


10. V.A. / Lunchtime Jazz Vol.2

最後に(今年頑張った)店主選曲コンピを2枚まとめて。
このCDを作るきっかけとなったのは前述の選曲家・吉本宏さんの
「ランチタイム・ジャズ、作るといいよ!」という一言でした。
元々の【ランチタイム・ジャズ】というテーマ
テーマ【ランチタイム・ジャズ】
も、第一弾の1曲目、セルジュ・デラートの「Vose Abusou」が始まりであり、
澤野工房・澤野さんに許諾をお願いしたところ
(澤野さんはコンピに曲を提供するのに消極的だと聞いていた)
快く許可をいただいたところからよぉし、と企画スタート。
特に第一弾については90年代に活動していたレーベルのオーナーさんは
軒並みおじいちゃんであることが多く、
楽曲使用リクエストのメールをしても返信が無いことが大半…。
そんな訳あり発売が延び延びになりつつも形にできた
思い入れも深い作品と相成りました。
第二弾のほうはレーベル括りで選曲した初めてのコンピということもあり、
とても楽しく選曲しました。
拍手が入っている曲はフェードアウトを早めたりなどの加工をしていたり、
オーソドックスなジャズ〜若干フュージョン、スピリチュアル寄り〜またオーソドックスに戻る
という流れの盛り上がりも気に入っています。

改めて、店内写真を提供いただいた、
姫路HUMMOCK Cafeの中村さん、
HUMMOCK Cafe
西浅草Cafe Otonovaの渋谷さん
Cafe Otonova
に感謝。
雨と休日だけでなくいろんなお店で売れるといいなと
思って作ったCDです。

<次点>


吉村弘 / Music For Nine Post Cards

近年、今年ほどその名前をネット上で見た年はないのでは
と思うくらい再評価の気運が高まっている吉村弘。
他作品がアナログレコードで再発されたのが大きな要因かと。
この『ナイン〜』も最近海外のレーベルから再発されました。
(そちらは当時のカセットテープをマスターにしているのかと思われます)
来年も吉村弘周辺の作品が注目されることでしょう。

---

いかがでしたでしょうか。
CDよりもアナログレコードのリリースに
力を入れるアーティストが徐々に増えている中で、
CDのみで言えばクラシック音楽が相変わらず豊作だなと思っている昨今です。
私事ながら4月に第二子が産まれたこともあって
なかなか仕事に時間を割けず、てんやわんやの1年でした。
来年は邦人アーティストに力を入れたいなと密かに思っていますので
メジャーマイナー問わずおすすめのこの1枚!
というのがありましたら教えてくださいませ。

それでは皆様よいお年を。

店主今年の10枚(2016年)
店主今年の10枚(2015年)
店主今年の10枚(2014年)
 

店主今年の10枚(2016年)


売上や新譜旧譜に関係ない、
店主の個人的な年間ベスト10。
今年も選んでみました(意気揚々と)。



1. Tobias Wilden / Artifacts/Scenes - Piano Works

レビューにも書いていますが、
ギターの『A Path To Open Air/Minute Maps』を
CD化させたときから
早くピアノ作品のほうもCDにしたかった、という1枚。
近年もトビアス君は新作をインターネット上で発表していますが、
若干作風が変わっており(アーティストとして自然な事ですが)、
なおさらこれら初期作品が愛おしく感じられます。
余談。
CD化の際にジャケットをデザインしなおしているのですが、
表ジャケのタイトル文字のレイアウトに悩んだ末
トビアスが初めに提案したこの位置に落着。
最終的に、雪の余白を見せたいなと僕は思ったのですが、
彼も同じように思っていたのか、どうか。


2. Al Viola / Solo Guitar

何度も書きますが、この時代(1957年)にギターの、
しかも完全ソロのアルバムを録音するということ自体が
滅多にないと言うか凄いこと。
とても地味ながら、その演奏は実にオルタナティヴ。
ある意味時代を(かなり)先取りしていて、今こそ聴くべき1枚。
そこに気づいてくれる人募集中。


3. Fabio Caramuru / eco musica - conversas de um piano com a fauna brasileira

今年よく売れたなーという印象の作品を
考えたときにまず浮かんだのがこれ。
FLAUから国内盤がリリースされたこともあって、
やはり素晴らしい作品は
たくさんの人を惹きつけるものであることかと。


4. Akira Uchida / OTOTSURE

まずは(と本人も言っている)この『OTOTSURE』を。
そして彼の作風が顕著に現れている『untitled』の2枚を。
内田君とは去年初めて話をしましたが、
その時からいつかはと言っていたクラヴィコードの演奏会を
10月の出張販売で開けたのも今年の収穫でした。
出張販売 in 名古屋 スタジオアッシュ
失礼ながら、haruka nakamura PIANO ENSEMBLE
(いつの間にか最近ではFOLKLOREのメンバーとしても)
の一員でしかなかった認識を改めさせられました。
その音楽家としての活動を今後も応援させていただきたい。


5. yatchi / metto piano

はじめ京都の誠光社さんから当店を紹介していただいたようで、
(誠光社の堀部さんとは特に親しいという訳ではないのですが)
小さなお店同士でこういう横の繋がりがあるのはとても嬉しい事。
日本人らしいな、と思うピアノ曲。
日本人にしか作れないピアノ作品。


6. チンプンカンプンとんちんかん / 拡がる二人部屋

ドッペルツィマーは以前から気になっていたユニット。
中心メンバーのひとりである
「古川麦」の名前もいろんなところで目にします。
『田園』はもちろん素晴らしく素敵な作品ですが、
こちらに収録の「Tichá Domácnost」は
チェコのグループ、Bratři Ebenovéが歌う原曲を含めて
一時期こればっかり聴いていた1曲。
博学。


7. Directorsound / Into The Night Blue

この先何年も夏の定番として重宝しそうな1枚。
tona serenadレーベルの皆さんのレトロ愛が詰まった作品として、
作られるべくして作られたアルバム。
日本ならVIDEOTAPEMUSICの世界観とも重なるところがあるのでは。
tona serenadオールスターズでの来日を誰か実現させてくれ、
と願わずにいられません。


8. 木太聡 / 女と椅子

CD-RからCDへの再発ですがこの1枚。
このジャケットを採用するセンス。
木太さんとは西荻の店舗で何度かお会いした限りですが、
全然その実態を掴めません。
この時代にあって自分を必要以上に晒さず
ミステリアスさを持っている、
それが彼の魅力を増幅させている要因かと。


9. 近藤研二 / 子猫のロンド

西荻・りげんどうで開催した2月末の当店7周年イベントで、
(実は)初対面でありながらBGM演奏を
引き受けて下さった近藤研二さん。
フツーにお金取って満席ライヴできるような方なのですが、
本当に素敵なおじ様。本当に感謝。
とても嬉しくってその日の打ち上げでも
近藤さんに向かって思わず熱く語ってしまいましたとさ。


10. Chet Baker / Sings

チェット・ベイカーを聴くといつも、
初めてチェット・ベイカーを聴いた時のことを思い出します。
それだけ自分にとっても衝撃だったわけで、
やはり『Sings』は多くの人にとって
そういった経験をして欲しい作品です。
そしてできれば輸入盤や非公式の(ジャケットもおざなりな)廉価版ではなく
この国内盤で。

<次点>


金延幸子 / み空

これも↑シングス同様、
生産終了だったりしてタイミングが合わず
やっと取り扱えた1枚。
小沢健二がライヴのSEに使っていたということから、
ひと昔前だったらオリーブ少女たちの
隠れた愛聴盤と言ったところ。
この作品が持つ少女性は永遠のもの。

…とここまで書いて思い出したのでもう1枚。

Colin Blunstone / One Year

9月の札幌にて、出張販売とともに
かねてから一緒に何かやりたいと言っていた
青木隼人との共同イベントを開催できたのも今年のニュース。
企画していただいたGRISさん、エフロクブンノイチさんに感謝。
そのトークで青木さんが熱く語ったのがこれ。
「Misty Roses」をじっくり聴き込み
改めてその魅力に取りつかれたひととき。
最初にCD化されたこの品番のCDが1995年発売。
これにしか付いていない小西康陽による解説。
小西氏も北海道出身。
これが今も生産され続けているのは
奇跡に近いこと。

---

いかがでしたでしょうか。
今年は国内メジャー会社によるリイシューに
良い作品が多かった印象ですが、
価格が安い物も多く、その分、
実際のCDそのもののクオリティは低い
というのが多く見られるのが問題点かと。
安く多く売る、はいつまで売上効果があるのか。
そんなことを考えつつ。

2015年年間売上TOP20
店主今年の10枚(2015年)
2014年年間売上TOP20
店主今年の10枚(2014年)
2013年年間売上TOP20
ランキング発表の経緯について
 

店主今年の10枚(2015年)


売上や新譜旧譜に関係ない、
店主の個人的な年間ベスト10。
今年も選んでみました。



1. シルヴェストロフ:ピアノ作品集 ブルーミナ(p)

今年の1枚を、と言われたら
やっぱりこれかな、と。
ペルト吉松隆以外にもこういう叙情的な
曲を作る作曲家がいたのですね、
という発見の嬉しさも込めて。
「Der Bote (The Messenger)」という曲が
特にお気に入りです。


2. 森ゆに / シューベルト歌曲集

売上的にもたぶん上位に来ると思いますが(集計前)
お客さんの反応も非常に好印象の1枚。
本当に、こんなアルバム他にありません。
森さんについては他のアルバムも取り扱いを検討中。


3. Paniyolo / たまのこと

雨と休日のイベントで生まれた
AOKI, hayato と haruka nakamuraと同じように、
雨と休日きっかけで生まれたPaniyoloとAnnieのデュオ。
ライナーも書かせていただき、
9月にはイベントもご一緒させていただきました。→こちら


4. Vashti Bunyan / Heartleap

9月の来日公演で初めて
お会いすることができたヴァシュティ。
本当に素敵な女性でした。
(おばあさんと言うぐらいの年齢ですが)
コンサートそのものは短かったのですが、
それと同じぐらいの時間をかけて
丁寧にサイン会に応じていたのが
とても印象的でした。
雨と休日オリジナル特典の
缶バッジを手渡すこともできて感無量。


5. 木太聡 / 或る少年

木太さん待望のCD作品。
これまではCD-Rのみでした
&その後ファースト作(→こちら)もCD化。
今後もその才能を見つける人が増えて
活動の幅を広げていって欲しい
アーティストのひとりです。


6. W.A. Mathieu / Second Nature

時代に埋もれてしまいそうな作品に
スポットを当てると言うのは
バイヤー冥利に尽きることです。
この作品を教えて下さったF氏に感謝。


7. V.A. / 木漏れ日のワルツ

手前味噌ですが、以前から作りたかった
コンセプトのコンピレーションを作れた喜び。


8. V.A. / 部屋、音楽が溶けて

もいっちょ手前味噌。
久しぶりに再プレスされ、
おそらく当店以外のお店でも
そこそこ売れていたんじゃないかという感触。
haruka nakamura効果もあるかもしれませんが、
思い入れがあるだけに嬉しい反応でした。


9. Sonicbrat / Stranger To My Room

再プレスと言えばこれ。
とても繊細な室内楽的作品。
2013年発売時にすぐに
売り切れてしまったのですが、
ようやくまたご紹介できました。


10. Radicalfashion / GARCON

最初の数週間を
ジャケットと作品詳細を隠したまま販売する
という実験的な販売をした作品でした。
反応も上々。
また相応の作品があったら
やりたいと思います。


<次点>


Michael Kiwanuka / Home Again

雨と休日のラインナップの中でも
少ないのがソウルミュージック。
体温感じるこのアルバムのようなものを
もっと探せたらなと思っています。

---

さて、いかがでしたでしょうか。
番外として、
これまでたくさん売ってきた
シェルビー・フリントと
ジミー・ジュフリーが
どちらも生産終了で
取り扱い終了となったのが残念。
限定と謳っていなくても
いつ手に入らなくなるかわからないのが
今のCD業界の状況です。
それは市場が縮小してきたと言う簡単な話でもなく、
より少ない生産量でリスクを抑えつつ、
届けていきたい(聴いて欲しい)人の手に
伝わっていくような
理想的な消費形態となっているのだと
思う部分もあります。

店主今年の10枚(2014年)
 
 

店主今年の10枚(2014年)


売上や新譜旧譜に関係ない、
店主の個人的な2014年ベスト10を選んでみました。



1. Toti Soler / Vida Secreta

今年はこれに尽きます。
内容、ジャケット、入手困難度、
3拍子揃ってロングセラー中。


2. Irish Folk Songs for Women, Vol.2

スミソニアン・フォークウェイズの
カスタムCDを取り扱うのを実現できた喜び。
中でもこの1枚を。


3. The Fleetwoods / Come Softly To Me - The Very Best Of The Fleetwoods

60年代ポップスにもこんなグループがいた
というのが大きな発見でした。
自分で選曲してコンピを作りたいぐらい。


4. Fred Astaire / Steppin' Out: Astaire Sings

これもまた古いポピュラー音楽(ジャズ)を
紹介したくて実現した1枚。
だいぶ前の編集盤ですが
廃盤じゃなかったのが奇跡。


5. Vashti Bunyan / Heartleap

メジャークラスのアーティストの新譜で
特典を作ったのは初めての事でした。
そんな意味と待望の気持ちを込めて。
欲を言ったら紙ジャケではなく1st、2ndと同じ
ジュエルケースで発売して欲しかった…!


6. AOKI, hayato と haruka nakamura / FOLKLORE

品切れ続きでご迷惑をおかけしております。
雨と休日で始まったデュオのCD販売を
雨と休日で始めさせてもらえたことに感謝。


7. Tobias Wilden / A Path To Open Air + Minute Maps

これまた「発見」のひとり。
何度も書きますが彼のピアノ作品も素晴らしいです。
いつかそちらもCD化させたいです。


8. Lori Scacco / Circles

年の瀬に実現した復刻。
改めて聴いても傑作。
12月の書き入れ時真っ只中に
インフルエンザでお休みを
いただいてしまったのも今年の事件ですが、
寝込んでいるときには最高のBGM。


9. Nara Leao / Meu Primeiro Amor

1,000円という廉価版で再プレス。
期間限定の生産のため
もう入荷できないのが残念。
W杯もあってブラジル音楽が
盛り上がった年でもありましたね。
そういえば。


10. Henning Schmiedt / Spazieren

今年も常に売上上位にあった
ロングセラー作品です。
秋に黒磯CAFE SHOZOさんでイベントをやったりと、
店舗BGMについて改めて考えた年でもありました。
それを象徴する作品としてやはりこれを。
 
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
お知らせ
出張販売、DJ、トークイベント等、ご依頼受付中。CD作品の持ち込み売り込み、メジャー/マイナー、レーベル/個人問わず随時募集中。お気軽にメールアドレス[ infoあっとameto.biz ]またはお問合せフォームからご連絡ください。
Links
Profile
Categories
Archives
Search this site.
Others