<< フォルテピアノはいかが | main | 看板ができました >>


圧倒的マイノリティ


ブラームス:間奏曲集 / グールド(p)

グールドです。

こんな書き出しなのは、
この奇抜なピアニストが
すでにある程度の市民権を得ているからです。

グレン・グールドは1932年カナダ生まれ。
1982年、50歳の若さで他界。
演奏中、声を出して旋律を歌うとか、
父親が作った椅子でしか演奏しないとか、
夏でもコートに手袋という服装だとか、
キャリアの後半はコンサートを行わず録音だけに専念したとか
およそクラシック演奏家らしからぬ多くの伝説を
残したことで有名です。
そういったわかりやすい逸話は別として、
その演奏も個性的なものでした。

平均的な(楽譜通りの)演奏と比べないとわからないのですが、
グールドはときに楽譜を無視し、
独自の解釈を取り入れます。
(ここで、クラシック演奏における永遠のテーマでもある、
「楽譜どおりに演奏することが正しいのか」
という問題にぶつかるのですが、
それはまた別のお話としてここでは省略いたします。)

その解釈については
今までにいろんな著書や評論がありますので、
深くお知りになりたい方はそちらを読んでいただくとして、
グールドの解釈についての個人的意見を言葉にするなら
「クラシック界のブライアン・ウィルソン」
「全音楽的フレージング」
というコピーが思いつきました。
ビーチボーイズのブライアン・ウィルソンも
ライヴ活動をやめて、
スタジオで録音することに没頭しました。
どちらも電子メディアに対する夢というか、
その可能性に惹かれたのではないでしょうか。
また、グールドが弾く旋律の崩し方には、
ロックやジャズの感覚に近いものを感じます。

グールドの演奏や解釈というのは
評論家を含め多くの人に支持されているものの、
クラシックの世界に於いてはフォロワーが生まれ得ない
圧倒的なマイノリティと言えます。
しかしそれはクラシックの範疇に限って言えることであって、
クラシックの外側を含めた視点で言えば、
むしろ受け入れられる部分が多いでしょう。
クラシックにそれほど親しみの無いリスナーを
多く惹きつける理由として、
彼のフレージングに大衆性のようなものが
あるからなのではないでしょうか。
このブラームスの演奏でも、
ロック歌手が思いっきり感情を込めて
バラードを歌うのに似ていると思うのです。

雨と休日で取り扱うのはこのブラームスともう1枚。

バード&ギボンズ:作品集 / グールド(p)

グールドのアルバムを何枚か持っている人でも
知らない人が多いのではないでしょうか。
グールド自身がお気に入りの作曲家として語っている
バードとギボンズ。
バロック以前の音楽が持つ普遍的な魅力にも
触れられる作品です。
古文書のようなジャケットも
素晴らしいデザインです。

グールドについてはあまりに多くのことが語られています。
その振る舞いや奇抜さだけが取り沙汰され、
ファッションとして聴かれることもあるのでは。
「グールドの演奏嫌い!」
と言って何の問題もありません。
どうぞ先入観にとらわれず、
聴いていただきたいと思います。


どちらのCDも2007年に企画されたEU盤で、
ジャケットや内容ともにオリジナル盤に沿った
理想的な再発シリーズからのチョイスです。
理想的な、というのは
余計なボーナストラックが入っていたり
ジャケットが変に加工されていたりしないということ。
オリジナルの曲目で
聴いてこその魅力があると思っています。

Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
お知らせ
出張販売、DJ、トークイベント等、ご依頼受付中。CD作品の持ち込み売り込み、メジャー/マイナー、レーベル/個人問わず随時募集中。お気軽にメールアドレス[ infoあっとameto.biz ]またはお問合せフォームからご連絡ください。
Links
Profile
Categories
Archives
Search this site.
Others