<< 雨音のようなピアノ | main | ラジオゾンデ ライヴのご案内 >>


名盤の罠


Nara Leao / Dez Anos Depois

「名盤の罠」とは大げさなタイトルですが、
「名盤と言われてるから」という理由だけで
そのアルバムしか聴かないということには、
弊害がある場合が多い気がします。

ボサ・ノヴァの女神(ミューズ)と呼ばれるナラ・レオン。
その理由は、50年代のブラジルでボサ・ノヴァが生まれた
裕福な階級のコミュニティの中心にいたからです。

実際彼女がボサ・ノヴァを歌ったアルバムは、
すでに世界的なボサ・ノヴァ・ブームが
下火になろうとしていた1971年に録音された
この『美しきボサ・ノヴァのミューズ』と、80年代の数枚と、
数えるほどしかありません。
事実、ナラ・レオンはボサ・ノヴァの
(当事者以外の)熱狂的な盛り上がりに辟易し、
むしろ反発すらしていた時期がありましたし、
軍事政権が台頭してきたブラジルの政治的影響もあり、
いつも「愛と平和」に満ちたボサ・ノヴァばかりを
歌っていたわけではありません。

ボサ・ノヴァの名盤だからといって、
この作品だけを聴いてナラ・レオンのこと、
ひいてはボサ・ノヴァのことを知った気になるのは、
ちょっと危険な気がします。
アルバムが制作された背景を知っておくべき作品があると思いますが、
『美しきボサ・ノヴァのミューズ』はまさにそういった作品です。
原題は『10年後』という意味。
邦題の『美しきボサ・ノヴァのミューズ』は
まったく違ったタイトルであるとも言えます。
それまでボサ・ノヴァのアルバムを作らなかった彼女が、
この時代に、ブラジルではなくパリで作った
といった事実すべてが作用して、
このようなボサ・ノヴァらしからぬ雰囲気の
アルバムが出来上がったのでしょう。

MPB(ブラジル・ポピュラー音楽)の激動の時代を生きた、
ナラ・レオンというひとりの女性について
詳しく知りたいと思われた方は、
『ナラ・レオン 美しきボサノヴァのミューズの真実』
という本をぜひご一読ください。
著者はブラジル音楽に精通したジャーナリスト、セルジオ・カブラル。
鎌倉のカフェ・ヴィヴモン・ディモンシュのマスター、
堀内隆志氏の監修(翻訳は荒井めぐみさん)による、
愛情たっぷりの1冊です。

Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
お知らせ
出張販売、DJ、トークイベント等、ご依頼受付中。CD作品の持ち込み売り込み、メジャー/マイナー、レーベル/個人問わず随時募集中。お気軽にメールアドレス[ infoあっとameto.biz ]またはお問合せフォームからご連絡ください。
Links
Profile
Categories
Archives
Search this site.
Others