<< 血統と新たな才能 | main | Early Songs再入荷しました >>


音楽と旅へ その1


本日の更新、4点のうち3点が
テーマ【旅する音楽】のおすすめ作品です。
【旅する音楽】

------

先月にご紹介したこちらに続き
ヴァイス:リュートのためのソナタ集 第7集
同じヴァイスのリュート作品集をもうひとつ。

『L'Infidele〜異邦人』 ヴァイス作品集 / エグエス(リュート)

ふたつのCDを聴き比べると、
同じリュートでも音色の違いを感じるはずです。
このエグエス盤のほうが
高音域の澄んだ音色に特徴があり、
おそらく弦の数も多いのではないかと思います。
エグエスが使用している楽器は、
「13コース・バロック・リュート」
とクレジットに記されています。
「コース」というのは
弦の多さを表す単位で、
同じ音程の弦を2本並べても(複弦)、
それを1コースとします。
内ジャケットの写真を見ると、
合わせて弦の数は24本あるように見えます。
おそらく、単弦2コース、複弦11コースの
合計13コースということではないでしょうか。
(勉強不足です違ってたらごめんなさい)

このCDに収められている作品の
「L'Infidele(異邦人)」という標題については、
当時ウィーンに流れ込んだ異教徒である
トルコ人に興味を持ったヴァイスが
付けたタイトルだとの説があります。
(ライナーより)

またこのCDは、日本発のレーベル、
MAレコーディングスらしい録音の良さが
さらにその楽器の魅力を引き出しています。
イタリア北部、トリノよりも少し山岳部に近い
ピアノ・アウディという村の教会で録音したというのも
素敵なシチュエーションです。
サン・ベルナルディノ・ダ・シエナ教会

縦型の3面見開きデジパックという
ジャケットの作りも凝っています。
リュートの音色は夏にも良く合います。
是非、お楽しみください。

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
お知らせ
出張販売、DJ、トークイベント等、ご依頼受付中。CD作品の持ち込み売り込み、メジャー/マイナー、レーベル/個人問わず随時募集中。お気軽にメールアドレス[ infoあっとameto.biz ]または→[お問合せフォーム] からご連絡ください。
Links
Profile
Categories
Archives
Search this site.
Others