<< 短さの理由 | main | Medieval 〜中世の音楽の魅力 >>


坂ノ下典正という才能



Sakanoshita norimasa / Actual relief



Sakanoshita norimasa / Meditation


新しい発見をするたびに、
「居るもんだなぁ、才能ある人って」
と声なき声を発します。
幸せな瞬間です。
それが1年に1、2回ぐらいじゃなく、
4〜5回あればなお良いのですが。

坂ノ下典正は東京在住のギタリスト。
その音楽的ルーツは幅広く、
クラシックの素養がありながら、
ジャズ(ボサノヴァ)・ギタリストとしての活動も
おこなっているミュージシャンです。
自身の作品を聴いていても、
時折感じさせるブラジル音楽や
スペイン、キューバあたりの音楽の要素が
見事に溶け合っているように感じました。

今回取り扱いを開始したソロ作2タイトルは
ギャラリーなどでしか
販売していなかった作品だそうです。

2009年発表の『Actual relief』は
本人と自主レーベルSOMEONE'S GARDEN RECORDSに関わる
メンバーによるオリジナル曲と、
トラディショナル曲「シェナンドー」の
カヴァーで構成されています。
2010年の『Meditation』は
西荻窪のギャラリー「ブリキ星」さんでの
即興演奏を録音した作品。
アコースティックとエレクトリックという違いだけでなく、
作品そのものが持つ性格にも
違いがある2作品です。

人当り(?)が良い『Actual relief』も、
アコースティック・ギターの作品としては
素晴らしいものではありますが、
坂ノ下典正というミュージシャンを知るには
是非『Meditation』を
聴いていただきたいと思っています。
エフェクターを駆使しながら
気持ちの良い音の流れを
即興で作り出すそのスタイルには
彼にしか生み出せないものがあります。



画像だとわかりにくいですが、
『Actual relief』のジャケットは
紙に透けた葉っぱが重なっているような
デザインになっています。

YouTubeにはこんな面白い動画も。(アルバム未収録)



この演奏でベースを弾いている
後藤勇氏が発起人となっている、
高円寺の八百屋さんでのライヴ・イベントだそうです。
うたうやおや

Paniyolo、青木隼人、Early Songsなどと並び、
雨と休日が大プッシュするギタリストです。
ぜひ、注目してください。
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
お知らせ
出張販売、DJ、トークイベント等、ご依頼受付中。CD作品の持ち込み売り込み、メジャー/マイナー、レーベル/個人問わず随時募集中。お気軽にメールアドレス[ infoあっとameto.biz ]またはお問合せフォームからご連絡ください。
Links
Profile
Categories
Archives
Search this site.
Others