<< ヴィンタームジーク | main | キースの思い >>


1枚の物語



Henning Schmiedt / Spazieren


雨と休日の定番作品『Klavierraum』
ずっと好評をいただいている、
ドイツのピアニスト、ヘニング・シュミートの新作です。

前2作と比べると
演奏に変化を感じさせます。
よりメロディを重視した
曲で占められています。

第1作『Klavierraum』は心地よい部屋を作ること。
第2作『Wolken』は流れる雲を。
そしてこの『Spazieren』は散歩。

それぞれのテーマに従って
アルバムは作られています。
曲のタイトルやジャケットデザインも含めて
アルバムに物語性を持たせることが
好きなのでしょう。

演奏そのものも親しみやすく、
何と言うか高飛車なところがないのが
魅力です。

ドイツの冬は
長くて寒いものだそうです。
春を待つ気持ちは日本人以上なのかも
しれませんね。
冬に録音されたこの作品は、
そういった気持ちが込められているように
感じます。

実際PVを見ると、そこは春の散歩道。



敢えて【冬のおすすめ】として
ご紹介したいと思った作品です。


今回の発売に併せて、
取扱いしていなかった
第2作目『Wolken』も入荷いたしました。


Henning Schmiedt / wolken


『Spazieren』にも『Wolken』の続編と言える
「Wolke 11」「Wolke 12」と
タイトルをつけられた曲が収録されています。
お持ちでない方は是非併せてどうぞ。

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
お知らせ
出張販売、DJ、トークイベント等、ご依頼受付中。CD作品の持ち込み売り込み、メジャー/マイナー、レーベル/個人問わず随時募集中。お気軽にメールアドレス[ infoあっとameto.biz ]またはお問合せフォームからご連絡ください。
出張販売スケジュール
≫ 1/21〜2/5 金沢/COPYLEFT
≫ 3/4〜 名古屋(詳細後日)

☆現在2017年4月以降のご依頼受付中。
Links
Profile
Categories
Archives
Search this site.
Others