<< 「おうちに帰ろう。」フェア | main | ポップなジャズ解釈のひとつの理想形 >>


フィーリン


南米系の音楽で久しぶりに
これだ!と思った作品です。


Guyun y su Grupo / Canta Elisa Portal


グユン、というのは愛称で、
本名をビセンテ・ゴンサレス・ルビエラ
と言うのだそうです。
アーティスト名は「グユンと彼のグループ」、
タイトル名は「歌:エリサ・ポルタル」、
といった感じでしょうか。
エリサ・ポルタルはゲストシンガーとして
素晴らしい歌声を披露している女性の名前ですので、
正式なアルバムタイトルは無いのかもしれません。

グユンは音楽学校の講師をしていたのだそうです。
解説に詳しく書かれているのですが、
当時のキューバには音楽学校は数えるほどしかなく、
グユンにギターの教えを受けたミュージシャンは
その後枝分かれ的に様々なミュージシャンに
影響を与えていくこととなります。
つまり1950年以降のキューバのミュージシャンの
大多数の間接的な師匠と言うのも決して間違いではない、
という人物なのだそうです。

ギターの音色も特徴的です。
ナイロン弦ではなく、
スティール弦を使っていると思われるギターの音色は、
かと言って角の立ったものではなく
優しさとクールな感触両方を持っています。

繊細さ、風通しの良さ、
独特のチープ感を持つ録音による音の柔らかさ、などなど
ワールドミュージックに
ジャンル分けされるような音楽において、
雨と休日が求めるものを
すべて持っていると言いたくなる
素敵な作品です。



Jose Antonio Mendez / Escribe Solo Para Enamorados


こちらはフィーリンの代表格、
ホセ・アントニオ・メンデス。
渋谷にあるエル・スール・レコーズさんの
レーベルからの復刻CDです。
フィーリンに関しては
そのエル・スール店主、
原田さんの記事をご参照いただくと
わかりやすいのではと思います。
http://www.giftearth.net/blogs/column.php?itemid=6

邦題には『フィーリンの真実』
というタイトルが付けられています。
同レーベルからは先に
同じホセ・アントニオ・メンデスの
『フィーリンの誕生』


がリリースされていましたが、
その次作となります。
『フィーリンの誕生』には
伴奏にオルガンなどが加わっており、
若干大味で古臭さを感じさせるサウンドだったのが、
この『フィーリンの真実』では
ギターとピアノとオーケストラが
伴奏のメインとなって、
少し洗練された印象となっています。

そしてさらに素晴らしいのが
13曲目以降のギター弾き語り音源です。
正規にリリースされなかった
発掘音源なのだそうですが、
ギターをやっている方にも
何かしらアイデアの源泉になるやもしれぬ
演奏(と歌)ではないでしょうか。

これから夏にかけての
夜の定番になりそうな作品です。

フィーリンについては
今後も良い作品があれば
紹介していきたいと思っています。
お楽しみに。
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
お知らせ
出張販売、DJ、トークイベント等、ご依頼受付中。CD作品の持ち込み売り込み、メジャー/マイナー、レーベル/個人問わず随時募集中。お気軽にメールアドレス[ infoあっとameto.biz ]またはお問合せフォームからご連絡ください。
Links
Profile
Categories
Archives
Search this site.
Others