<< 2017年10月売上TOP10 | main | 『ランチタイム・ジャズ』第2弾 >>


光、と名の付くアルバム


暗闇に光をみる。
それは様々なアーティストの作品に
共通したテーマとしてみることができます。



Dustin O'Halloran / Lumiere


クラシックの要素がありつつも、ジャンルレスで前衛的とまではいかない。
近年多くなったそういった作品は「モダン・クラシカル」「ポスト・クラシカル」
と呼ばれるようになりました。

もともとFatCat Recordsのモダン・クラシカル部門といえる
130701というレーベルからリリースされていたもので、
ダスティン・オハロランの密かな人気も手伝い早々と完売。
(2017年の当店8周年の特典としてお配りした
「雨と休日の廃盤案内帳」にも掲載させた作品でした。)

ピアノがメインにストリングスが加わるといった編成で、
仄暗い中に時折キラキラとした光を見つけるような、
揺れるカーテンに一瞬光が反射するようなサウンド。
ピアノにストリングスが入ったモダン・クラシカルものとして
個人的には5本の指に入れたいと思っている作品です。



Otto A Totland / Pino


冬は雲が厚く、薄暗い印象を持つ方も多いかと。
この作品はそんな空の重さを感じさせる
冬におすすめの1枚。
作者自身もノルウェーの冬の風景から
インスピレーションを受けこの作品が作られたようです。
ごく少量の限定1stプレス、sonicpiecesのわりには
けっこうプレスされたもののやっぱり売り切れた2ndプレス。
そして待望の再プレス(11月下旬予定)で販売です。



Akira Kosemura / In The Dark Woods


例えが非常に悪く小瀬村氏には申し訳ないのですが、
「胎内めぐり」なのでは、と思う作品。
胎内めぐりは清水寺にもある、暗い通路を歩くことで
胎内にいた頃を疑似体験する仏教的アトラクション(失礼)ですが、
暗闇に安堵を見る、一種逆説的な真理をつくところが
共通すると思っています。
つまりは胎内回帰ということですが、
自身の子どもが生まれた後の小瀬村晶の作風自体にそういった
意識の変化があったのではないかと感じます。

『Tiny Musical』も『grassland』も、
キラキラと輝く光を見た作品。
そこから数年経ち、彼は今また
光を見つめなおしていると感じました。



haruka nakamura PIANO ENSEMBLE / 光


ストレートに『光』とタイトルに付けた
アンサンブル名義での最初で最後のアルバム。
ハルカナカムラは常に光を見続けるアーティスト。
暮れゆく夕方の作品を作ってきた彼の、
これは暗闇から抜け出そうとした(抜け出した)音楽。



Zsofia Boros / En otra parte


ブックレットの冒頭に、
「Everything begins somewhere else」
という一文から始まる
アルゼンチンの詩人ロベルト・フアロスの詩が引用されています。
演奏は繊細の極みですが、広がる世界は無限。
ジャケットは砂漠か砂丘か。
月に照らされる砂模様は微妙な色彩を放っており、
その暗闇の向こうを思わせます。

明けない夜はない。
光なくしては闇はない。
音楽は闇からの道しるべになるべきものと
思っています。
 
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
お知らせ
出張販売、DJ、トークイベント等、ご依頼受付中。CD作品の持ち込み売り込み、メジャー/マイナー、レーベル/個人問わず随時募集中。お気軽にメールアドレス[ infoあっとameto.biz ]またはお問合せフォームからご連絡ください。
Links
Profile
Categories
Archives
Search this site.
Others