<< 銀行振込決済送料無料キャンペーン | main | 2018年11月売上TOP10 >>


密かに愛される歌姫シェルビー・フリント



Gregg Karukas feat. Shelby Flint / Home for The Holidays


再CD化を持ちかけ実現しました。
クリスマスに間に合いました。
シェルビー・フリント、好きなんです。

例えばディズニーのこれ。


ミシェル・ルグラン作曲のこれ。


そしてCD化されたときに当店でも扱ったこれ。


Shelby Flint / The Quiet Girl


シェルビー・フリントってこの『クワイエット・ガール』を含む、ヴァリアントというレーベルに残した3枚のアルバム以降アルバムを作ったりはしていないのかな、という疑問から彼女のディスコグラフィーを調べたところ、70年代以降はジャズ(フュージョン)寄りの音楽活動をしていたようなんですね。

寡作で、アルバムの数は少ないのですが、そんな中彼女自身のアルバムではないけれどクリスマス・アルバムがあるぞ、と発見したのがこの『Home for The Holidays』です。

ライナーノーツにも記していますが、グレッグ・カルーキス(カルーカスという表記が一般的かもしれませんが、実際の発音は「クルーキス」に近いみたいです)って誰だ?とはじめ思ったわけですが、いわゆるスムース・ジャズに詳しい人なら知ってるぐらいの名プレイヤーでした。

言いたいことはライナーノーツに全部書いたのでここで書くことは少ないのですが、改めて、良い歌声だなぁと。60年代の頃とは歌い方も変わっていますが、それでも彼女らしさは健在。

このCDをリリースしているミューザックに作品化を持ちかけたのは、


Miss Abrams and the Strawberry Point 4th Grade Class


以来です。
元の輸入盤のジャケットがパッとしなかったので、イラストのジャケットに。
シェルビーのディスコグラフィーの中でも重要な作品。
クリスマス・アルバムとしても一級品です。
 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
お知らせ
出張販売、DJ、トークイベント等、ご依頼受付中。CD作品の持ち込み売り込み、メジャー/マイナー、レーベル/個人問わず随時募集中。お気軽にメールアドレス[ infoあっとameto.biz ]またはお問合せフォームからご連絡ください。
Links
Profile
Categories
Archives
Search this site.
Others