<< 11周年に向けて | main | 2020年1月売上TOP10 >>


山香と立川、カテリーナの血の繋がり



カテリーナ古楽器研究所 / 中世巡礼物語




カテリーナ古楽合奏団 / ドゥクチア



「カテリーナ古楽器研究所」と「カテリーナ古楽合奏団」?
違うグループなの?
そう疑問に思われた方もいるかと。

かたや福生から大分・山香へ木を求めて移り住んだ兄・松本公博(こうはく)。
かたや立川に拠点を構え、現在はロバの音楽座としての活動をメインとする弟・松本我隆(がりゅう)。
このふたりが兄弟であること、ロバハウスとカテリーナの森は親戚のような存在だと知ったのが、実は昨年末。

もともとbaobabの活動については何となくその存在を知っている、ぐらいのものだったのですが、いよいよharuka nakamuraとのコラボ作『カナタ』が発売されるということでbaobabと彼らのホームグラウンドである「カテリーナの森」の活動について詳細を調べていくうちに、「はて、カテリーナってどこかで聞いたような名前だな…」「ロバハウス(ロバの音楽座)の松本我隆さんと同じ苗字だし、もともと近いし、同じように古楽器を扱ってるし…」というところを発端に、当のbaobab松本未來君(公博氏の息子)に訊いたところ。

「あ、叔父です」

という衝撃の回答をいただき、合点がいったという始末です。

何だか茶化した感じになってしまいましたがここからが本題。

古楽器を作る、ということは並大抵の労力ではありません。
中世の楽器は、今のように淘汰され機能が絞り込まれた楽器「以前」のものです。
そのため微妙な違いを持った…それは地域=コミュニティによって異なるような、名も知らぬ様々な(似たような)楽器が存在していたのです。
未來君は「そこに魅力があるんです」と語ります。

クラシック音楽をある程度かじっていても知らない名前の楽器がポンポン出てきます。

それらをひとつひとつ紐解き、再構築していく作業は歴史家のそれと同じぐらいでしょう。

彼らのように古い楽器をよみがえらせることにどんな意味があるでしょうか。
その答えはそう簡単には出てきません。

ただ言えるのは、古楽器の音色は、現代の楽器が装飾という手垢にまみれてしまっていると感じてしまうぐらいの、素朴でまっすぐな音色を奏でます。
現代の楽器、モダン楽器とも言いますが、それらは主に音を大きくさせるために発展してきました。
音を大きくというのはコンサートホールの大きさに耐えうるものにするためです。
逆に古楽器はモダン楽器より音が小さいため、よりパーソナルに、近くに居る人に語りかけます。
今と昔では、聴き方の規模に違いがあったのです。

古楽器の奏法、製作などに、それこそ歴史学者のように没頭しその魅力に取りつかれていく人たちの気持がわかるのではないでしょうか。
古楽器はピリオド楽器とも呼ばれます。
それは一度ピリオドを打たれた、という意味ですがどうでしょう、本当はピリオドを打たれていないのかもしれません。
『ドゥクチア』でも書きましたが、死に絶えたいにしえの音楽ではなく現代にも生きていく価値のある音色だと思います。

実はこのふたつのカテリーナ、「カテリーナ古楽合奏団」名義で79年にはCBSソニーよりLPレコード『古楽の調べ』を発売しています。
(レコードはたくさん生産されたようで比較的安価で手に入るのでは)
クレジットを手元で確認できないのですが、おそらく兄弟おふたりとも参加されているのでしょう。
どちらのプロフィールにも載っています。
ご興味あるかたは探してみてもいいかと。

彼らのような活動をする音楽家たちについて紹介することは、雨と休日のような店にとって大事な役割ではないかと感じています。
松本公博と松本我隆。
ふたつの兄弟の家族が辿っていく先は、黄金の穂が実る道となることでしょう。



baobab / folk


Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
お知らせ
出張販売、DJ、トークイベント等、ご依頼受付中。CD作品の持ち込み売り込み、メジャー/マイナー、レーベル/個人問わず随時募集中。お気軽にメールアドレス[ infoあっとameto.biz ]または→[お問合せフォーム] からご連絡ください。
Links
Profile
Categories
Archives
Search this site.
Others