フィンジというひとつの理想的人生



『入祭唱〜フィンジの音楽』 コロン指揮 オーロラ・オーケストラ


イギリス音楽の深き森。
それは文字通り森に包まれるような
威厳とおおらかさを持っています。
あるいは足を踏み入れたが最後、
迷って出られなさそうな魅力があると言えます。

クラシック音楽には国によって作風が違うと
『「クラシック」に「入門」するには』
http://shop.ameto.biz/?mode=f33
に書きましたが、
イギリスのクラシック音楽には
紳士的で牧歌的なイメージがあります。
個人的にはディーリアスと並んで
双璧であるのがこのフィンジだと思っています。
(ディーリアスには現在これ!といったCDが
残念ながら無く…)

さて、近頃フィンジといえば
このCDの最後にも収録されている
「エクローグ」の人気っぷりです。
その理由は、2009年頃でしょうか、
フィギュアスケートで
カナダのジェフリー・バトル選手が
フリーの演技に使用したのがきっかけです。
(こういうことを書くのは
CDショップバイヤーの常なので慣れていたり…)

「エクローグ」そのものは
元々ピアノ協奏曲の緩徐楽章
(例えば3楽章の形式とすると
テンポが「速い・遅い・速い」となる順番の
真ん中の「遅い」楽章を指します)
として作られたものが未完のまま残り、
単一の曲として発表されたという経緯があります。
主張し過ぎないピアノ旋律など、
なるほどと思わせる部分があります。

ちなみに9曲目「Introit(入祭唱)」も
ヴァイオリン協奏曲の緩徐楽章を
独立させたものだそう。

フィンジ作品を語る上で
もっとも要だとされるのは、彼の住処です。
ロンドン生まれながら
次第に都会に馴染めない自分を発見し、
やがて田舎に移り住んだという経緯。
ロンドンで作曲された曲も混じっていますが、
このCDのどの曲にも
そんな「らしさ」が滲み出ています。

同じように都会から離れ、
作品そのものも自然への共感を表した
セヴラックと似ているところがあるのでは。


ひまわりの海 〜セヴラック:ピアノ作品集 舘野泉(p)


この『入祭唱〜フィンジの音楽』は2016年発売のもので、
とにかく選曲が良いです。
クラシック音楽の、
更に言うとオーケストラが演奏するCDとしては
珍しくBGMにも使えるような統一感のあるものです。
「エクローグ」からファンになった人にも
お薦めしたい1枚。

イギリス音楽の深い森。
その深みに嵌っていく喜びもまた。
 

自然への意識 ― カルロス・アギーレと共に


音楽通の方にとっては
もうすでに「今さら」感があるかもしれません。
カルロス・アギーレ。
ほんの7、8年前では
本当にごく一部の人にしか知られていなかったのが
今では何度か行われた来日公演も完売続きという人気ぶりです。

アルゼンチンの伝統音楽。
日本では「フォルクローレ」という呼び方で、
年配の方ならアタウアルパ・ユパンキに代表されるように
知っている方が多い音楽でした。
その「フォルクローレ」の現在進行形。
「モダン・フォルクローレ」「ネオ・フォルクローレ」などと
呼ばれる潮流の真ん中に居るのが
アギーレその人です。

多くの人を魅了してやまないその「現在のフォルクローレ」を
まだ知らない方に、
最初で最適な三つの作品をご紹介します。



Carlos Aguirre Grupo / (Crema)


さて、まずはこちら。
なかなか入荷のタイミングも合わず、
さらに生産数が少ないためにすぐに完売してしまう
アギーレのファースト・アルバムを
ようやくご紹介できました。

彼の「Grupo(グループ)」名義での最初の3作品には
タイトルが付いておらず、
この作品もクリーム色のジャケットから
「Crema(クリーム)」と呼ばれています。

ジャケットの内側にはイラストレイター、
パメラ・ヴィジャラーサによる1枚1枚違った水彩画を
この国内盤でも描いてもらい、
封入しているというオリジナル盤と同じ作りを
目指した愛情のこもった作りになっています。
アギーレの音楽と同様、
人の手で作られる芸術作品であることを
今の時代でここまでのものを作るのは滅多にありません。
確か3度めぐらいの再プレスです。
次回はまったく未定ですし、もう再プレスされないかもしれません。

そしてなんとこのタイミングで、
この『Crema』と同じぐらい重要な作品が
ふたつ再発されました。



Luz de agua / Sebastian Macchi - Claudio Bolzani - Fernando Silva


カルロス・アギーレが主宰しているレーベル
「シャグラダ・メドラ」からリリースされていた作品です。
詩集のような縦型のジャケットには、
フアン・L・オルティスの詩と対訳
(訳詩は本邦初らしいです)、
さらに序文やなどもすべて訳されて掲載されています。

撫でるように優しい歌声。
それは詩の朗読に更なる彩りをつけたような
イメージの広がりを持った曲。



ブックレットの文章をここで詳しく説明できないのが
非常に残念なくらい、
「読みながら聴く」という行為の
素晴らしさを実感できる作品です。

英語でない言語を翻訳して、
さらに通常のCDジャケットとは異なったデザインの
ジャケットをほぼ同じく再現するということは、
とても手間がかかることで、
さらにお金もかかります(重要)。
お金儲けだけを考えたらこんなCDは作れません。
単なる国内盤化というだけでない、
リスナーの側に立った再発だと言えるでしょう。

ちなみに店主が昨年1月に出させていただいた
『クワイエット・コーナー〜心を静める音楽集』発刊記念イヴェントでも
HMV山本氏がここから1曲(真っ先に)流していました。
『クワイエット・コーナー』発刊記念イヴェントレポート




Andres Beeuwsaert / Dos Rios


上記2作品などと共に
アルゼンチンのモダン・フォルクローレを
代表する1作として挙げられる
アンドレス・ベエウサエルトの『Dos Rios』。
広大な大地にまっすぐ伸びた道路。
アルゼンチンを象徴するようなジャケット写真が印象的です。

昨年初来日を果たしたベエウサエルトの作品は
旅にまつわるものも多く、
彼のライフワークとなっているようです。

独特の美しいメロディがピアノで奏でられ、
中盤ではヴォーカルが入ってきます。
起承転結を経るようにインスト曲とヴォーカル曲が織り合い
エンディングへと向かいます。

栗本斉氏が著したアルゼンチン音楽のガイド本
『アルゼンチン音楽手帖』の表紙にも使われています。
ご興味がある方はそちらも是非。


これら3作品のアーティストに共通するのは
自然環境への意識です。
声高に主張していなくとも、
その思いが伝わってくるのではないでしょうか。
 

肯定すること



the innocence mission / hello I feel the same


良い音楽との出会いは
「親友と出会うことに似ている」という
例えを私はよく使います。
出会いは宝。

イノセンス・ミッションの新作です。
今回のアルバムは肯定がテーマなのではないかと
歌詞を見て思いました。
そこかしこに見られる「green」というキーワード。
(前作『my room in the trees』では「raincoat」でした)
それが表すものは平穏でしょうか。

表現しにくいことを表現できる域に
彼らはいると思います。
 

これ以上素敵な…



Raphael Chicorel / I'm in Love with You


アップテンポな曲が4曲ほど入っているので
取り扱おうかどうしようか、と
開店当初から悩んでいた作品です。
しかしクリスマス前のこの時期に
毎年必ず聴いている作品で、
やはりこれはという気持ちが強く今回ご紹介。

ライナーノーツを担当しているのは
Bar Music店主の中村智昭氏。
「これ以上素敵なレコードなんて考えられない」
というある意味無責任なほどの
賞賛の言葉を敢えて選んだ気持ちがわかります。

音楽の神に愛された音楽。
それは本当に素敵な
陳腐な言葉を使いたくなる音楽。
そういうことではないのかな、と思います。

さて、オリジナルのLPは2枚組です。
けっこうお高い値段が付きます。
このCDはLPの1枚目と2枚目の
順番を入れ替えています。
つまりCDではパート2と書かれた
9曲目以降がオリジナルの1枚目。
1〜8曲目が2枚目となります。
DJから注目されていた作品なので、
グルーヴィーな曲が多い
2枚目を最初に持ってきた曲順にしたのでしょう。
もちろん雨と休日的には静かな曲が多い
1枚目(9曲目)からのオリジナルの曲順で
聴くことをお勧めします。


 

白と黒の世界のように



DJまほうつかい / Last Summer


本作は西島大介が描く世界観の
延長上にある事は間違いありませんが、
『すべてがちょっとずつ優しい世界』自体が
少々重いテーマを描いたものなので、
正直、あまりマンガのほうに
囚われて聴いてしまっては
もったいないと思う作品です。
とは言え、ひとりの芸術家が作る
絵の世界と音の世界が
こうもシンクロしている例は
あまり他に無いのでは。

DJまほうつかい名義としては
これまで短いEPやライヴ音源などを
発表してきたのみでした。
蓮沼執太にも認められたその音楽を
ようやくじっくりと楽しめます。

少し切なく、懐かしいようなメロディ。
2曲ある短い「improvisation」や、
「Ghosts in the Forest」といった
音遊びのような曲にも才能を感じますし、
このアルバムのシンプルさは、
プロのミュージシャンの手からは
生まれにくいものではないかと思います。
氏のマンガ作品を知らずとも
楽しめるものになっている点が
何より素晴らしいのではないでしょうか。

ジャケットはケースから出して広げると
小さなポスターのようになります。

この世に強烈な悪も物凄く優しい人もいない。
白と黒の世界の狭間。
暗い道を一緒に歩いて行くような
優しさに満ちている作品です。
 

a boy from...



木太聡 / 或る少年


これまで自主制作のCD-R作品を
3タイトル取扱いしてきた、
倉敷在住のピアニスト、木太聡。
作品はどれも素晴らしく、
その分CD-Rであるのが
もったいないと感じるぐらいでした。
「次は是非、CD-RではなくCDで」と
私もお願いしていたところ、
今回の新作は待望のCDプレス盤です。
7月(中旬?)からは
一般流通も開始されるとのこと。

最近の木太さんと言えば、
ミナ・ペルホネンのこちら。



そんな訳で、新たなファンも
獲得している若きピアニストです。
トイピアノのコレクターであり、
また、古き良き物を愛でる方です。

ハイライトはやはりタイトル曲17「或る少年」。
冒険の旅を続けた主人公が
迎える大団円のような
クライマックスですらあるように聴こえます。

今回の作品では
彼の代名詞であるトイピアノよりも、
ピアノで演奏した曲が多く収録されています。
メロディカ(鍵盤ハーモニカ)や、
個人的にも印象的だった14「織る」での
エレクトリックピアノなども使われています。
「織る」では機織りの音を
サウンドの一部として取り込んでいるのが
面白いのですが、
聴いていると機織りということを
忘れてしまう程、違和感がありません。





男のひとの声


男性シンガー、お好きですか?

一般的に、男性シンガーより
女性シンガーの作品のほうが売れます。
大手ショップで働いていた頃から
実感していることではありますが、
おそらくリリースされている作品数も
女性シンガーのほうが多いと思います。

バンドであればその傾向は
少ないかもしれません。
でもソロであれば、
男性よりも女性のシンガーのほうが
洋邦問わず多いはず。

それが何故なのか、はわかりません。
ただ、
「自分が聴くのも女性ヴォーカル
のほうが多いな…」
という方も、
ひょっとしたら
男性ヴォーカルの良さに
気づいていないだけなのかもしれませんよ。

男性の歌声の魅力は
そうですね…例えば
じんわりと染みてくるような
感覚であったり、
女性であれば
好きな男の人の声を聞くような
心地よさであったり、
そういうところじゃないでしょうか。


今回新たに紹介した2作品。
どちらもその声とメロディの良さが
じわーっと染み込んでくる作品です。


Grey Reverend / Of The Days


グレイ・レヴァレンドには
説明しづらい魅力があります。
その分、雄弁でもあるところ。



Michael Kiwanuka / Home Again


マイケル・キワヌーカはイギリス人。
もともとイギリスのミュージシャンには、
60〜70年代アメリカのソウルミュージックを
好む傾向がありました。
そんな古さと現代的な洗練さを
持ち合わせた作品。


男性シンガーの作品をまとめています。
こちらも是非。
男性ヴォーカル作品
 

PRAYER ― ARAKI Shinインタビュー


 「陶器の勉強をしていたことがありまして、
  器について、初めは色しか見ていなかったのですが、
  だんだん形というか、
  模様や筋に目が行くようになって…。
  ろくろで回して作った器は、
  初めから『こう作ろう』と思って作られたものより
  回しながら即興的に作られたもののほうが、
  より美しいものになっているのだと
  思うようになったんです。」


ARAKI Shin / PRAYER


ARAKI Shinのニューアルバム『PRAYER』。
その発売に先駆けて、
荒木氏にアルバムのことと、
haruka nakamuraの他、音楽に限らない
アーティストらと共に立ち上げたレーベル
“PAVO”についての話を伺いました。

PAVO
『PRAYER』はPAVOからのリリース第1弾となります。

冒頭の文はその中から、
私がもっとも印象に残った一節です。

音楽家ARAKI Shinは、RONDADEレーベルより
ソロ・アルバムを発表する他、
近年ではharuka namamuraのセカンド・アルバム
『twilight』参加以降、
サックス演奏/弦楽アレンジなどで
haruka nakamuraをサポートしてきたことでも
知られるでしょう。

荒木氏は「初めて通して演奏した」ぐらいの
初期のテイクを採用することが多いと
語ってくれました。
それはそのまま彼の音楽観を表すものであり、
完全な即興まではいかなくとも
即興が持つ生命力を生かすことを
優先している姿勢が見られます。

多重録音を多用している点が
『PRAYER』におけるサウンドの
重要なポイントでもあります。

 「『twilight』の録音時の話ですが、
  それ以前に同じ楽器の音を重ねることの面白さを発見して
  全面的にやってみたいと思っていたんです。
  『twilight』で何を入れても良いとのことだったので
  存分に重ねてみました。
  生演奏のアンサンブルでは
  3人3種の楽器で作っていたようなサウンドを
  ひとりで重ねて作っていくことに没頭しました。」

 「サックスの重奏って独特の響きがありまして、
  まるでオルガンのように聞こえることもあるのです。
  それは吹奏楽をやっていた人にしか
  思いつかないようなことではあるのですが、
  管楽器のアンサンブルには
  通常のオーケストラや弦楽重奏にはないような
  不思議な響きが生まれるのです。」

ライヴで再現することはできないのでは?
という質問に対して、

 「でもライヴはやる予定です。
  何管かの編成にはなりますが、
  ライヴ用にアレンジしたものを
  演奏することになると思います。」

とのこと。

美しい印刷が目を引くアートワーク。
コラージュアートを担当した
前田夏子さんについても話していただきました。

 「前田夏子(écume de mer)さんとは、
  フランスのブロカントと呼ばれるものがお互いに好きで
  それについてよく話をしていました。
  あるとき彼女がパピエ・コレの作品を作ることを知り、見せてもらったところ、
  綺麗さの奥に、強さや『生と死』にまつわる荘厳さが入っていて、
  今回のアルバムにぴったりだということで、使用させていただきました。」

 「彼女の作品を生かすために、印刷や装丁にも注意しました。
  音楽でもアートワークでも、見えにくい部分にもクオリティを追求することは
  PAVOとして共通した方向性でありたいと思っています。」


PAVOの今後のリリース予定も聞きましたが
それはまだ公開できません。
音楽CDだけでなく、本やその他、
芸術の幅広い可能性を探っていく
レーベルとなるようです。
楽しみですね。


 

グルーヴ→センシティヴ



丈青 / I See You While Playing The Piano


SOIL&"PIMP"SESSIONSと言えば
ヒット曲もあり、
ジャズをベースとしていながらも
J-POPの中のいちアーティストとして
捉えられる程でしょう。
そのピアニスト、丈青のソロ作です。

タイトルが示すのは、
独りで演奏する、それゆえの風景。

ちょっと高い値段設定ですが、
ホールでの音響重視の録音や、
少しメタリックに印刷された青い地の
凝ったスリーヴケース仕様の
ジャケットなど、
納得のCDとなっています。

併せて紹介したいのがこちら。


Takumi Kaneko / Unwind



YOSHICHIKA TARUE / Rain Man's Story


彼らに共通することは、
普段の活動の基本となっている
各々のユニットでは
クラブ・ミュージック的な
グルーヴを追及しているにも関わらず、
ソロ作品は静謐さを
追及している点です。

これはジャズであることが
大きな要因なのかと思います。
他人との演奏であるからこそ
そこに突き動かされる
情動のようなものがあり、
独りだからこそ
そこには静けさがあるのかもしれません。
 

ライヴでこそ



Blossom Dearie / Needlepoint Magic


この作品には少し説明が必要です。

ブロッサム・ディアリーが
そのキャリアの後半に
自主レーベルとして
立ち上げたのが
"Daffodil Records"です。

レーベルにおいても、
またステージの上においても、
彼女は完璧主義者でした。

おしゃべりは厳禁。
うるさいお客さんには
演奏を中止してまで
注意するほどだったそうです。
みんなブロッサムのことが好きだから
黙って聴きます。
マナーの良いお客さんに囲まれた
彼女のライヴは、
とても親密な空気に包まれる
ものだったのだろうと、
この作品を聴いて
想像できます。

「I'm Hip」(いつも笑いが起きます)
「Sweet Surprise」
といった人気曲や、
イギリスのシンガー
ジョージィ・フェイムに捧げた
「Sweet Georgie Fame」
など満足のセットリスト。
そして何と言っても
ボブ・ドロウとのデュエットが
2曲も入っているのが
ファンとしては嬉しいところです。

「Baby It's Cold Outside」
の冒頭のやりとりは
こんな感じ。

ブロッサム「A-Sideに収録するのは
 このくらいでもう十分かしら。
 少し休憩をして、B-Sideの録音を…」
ボブ「ちょっと待って。行かないでベイビー。
 素敵なプランを用意してるんだ。」
ブロッサム「本当?」
ボブ「一杯どう?リラックスして。…」

そしてこの会話の流れから
歌が始まるのですが、
歌の冒頭も
I really can't stay
「もう行かなきゃ」
― Baby It's Cold Outside
―「外は寒いぜ」
…という、
帰ろうとする女性を
引きとめる内容の歌詞なのです。

季節はいつだったのでしょう?
(録音日のクレジットがありません)
「Baby It's Cold Outside」は
冬の定番曲で、
クリスマス・アルバムなんかにも
よく入っている曲です。
同曲屈指のカヴァー・ヴァージョンです。

ボブ・ドロウと言えば
彼が担当したサントラ
『マルティプリケイション・ロック』

Multiplication Rock (TV Original Soundtrack)

にもブロッサムが1曲
参加しています。

『Needlepoint Magic』は
DaffodilのVolume 5として
リリースされたものですが、
同レーベルの中では
同じCelesteからCD化されている
作品たちと並び、
5本の指に入れたい作品です。
彼女のファンであれば
むしろこれこそ聴かなければ
という作品。
なぜならライヴでこそ味わえる、
ブロッサムの魅力があるからです。

『Needlepoint Magic』…
針で刺すようにピンポイントに効く魔法。
その魔法に
あなたもかかって欲しい…!

 
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
お知らせ
出張販売、DJ、トークイベント等、ご依頼受付中。CD作品の持ち込み売り込み、メジャー/マイナー、レーベル/個人問わず随時募集中。お気軽にメールアドレス[ infoあっとameto.biz ]または→[お問合せフォーム] からご連絡ください。
Links
Profile
Categories
Archives
Search this site.
Others