【2月28日午前0時より!】5周年キャンペーンのお知らせ


お知らせが直前となりましたが、
2月28日をもちまして
雨と休日は5周年を迎えます。

本当にありがとうございます。

さて、毎年キャンペーンをおこなっていますが、
今年はちょっと変化球、
このような購入特典をご用意いたしました。



今回、5周年記念の特典としてご用意するのは、CDカタログです。
カタログとは言っても目録のようなものではありません。
タイトルは『雨と休日の廃盤案内帳』。
雨と休日で取り扱いたかったものの、
廃盤となっていて仕入れられなかった作品の中から厳選した25タイトルを
店主の(ちょっと個人的な思いも含んだ)レビューとともに掲載した
6つ折りCDサイズのガイド紙になります。

デザインは同じ西荻窪にある「nombre」
http://nombre.jp/
の皆さんにご協力いただきました。
nombreさんらしい可愛らしいデザインになっています。

2月28日午前0時以降、
実店舗ならびにオンラインショップでご購入いただいたお客様に
(枚数、金額に関わらず)購入特典としてプレゼントいたします。

詳しくはこちらのショップページをご覧ください。
【雨と休日5周年キャンペーン】

どうぞお楽しみに。
 

『休日、石見銀山へ』ご来場ありがとうございました


11月3日、
島根・石見銀山にておこなった
『休日、石見銀山にて』は、
昼夜合計80名ほどの
お客様に来ていただき
盛況の中、無事に終わることができました。


- - 昼の部「縁側音楽会at鄙舎の縁側」 - -





本来縁側をステージにする予定でしたが、
当日は小雨降る中でしたので、家屋の中に客席を設置。


青木隼人とハルカナカムラ、リハーサル。




坂ノ下典正、縁側にて。







開場。青木さんがBGM代わりのつま弾き。
お客様にはぜんざいや焼いもが振る舞われました。






開演。上)坂ノ下さん
中)松場登美さんの鄙舎についてのお話し
下)青木さん&ハルカさん。
子どもたちは宿題でもやっているのでしょうか?











- - 夜の部「音楽と夕食会at暮らす宿他郷阿部家」 - -




夜の会場、阿部家へ移動します。
写真は玄関と中庭。






蔵を改装したシアタールーム(青木&ハルカ)にて。


台所兼食事処(坂ノ下)にて。各々リハーサル。








台所では食事の準備が。


演奏の構想を練る青木さん&ハルカさん。


坂ノ下さんの演奏。食事も主役です。


蔵に移動後、デザートを。
そのBGMに坂ノ下さんのつま弾き。
…と、この後は写真を撮るのも
ためらってしまった
(という訳で記録が無い)
青木隼人&ハルカナカムラの演奏。
そして昼と同じく最後に
3人での即興演奏。



このような素晴らしい会場を
提供していただいた
群言堂の皆様に感謝。
そしてお越しいただいたすべての方に
最大級の感謝を。

また機会があれば訪れたいと
心から思う場所でした。
ありがとうございました。



イベント当日前後の様子は
店主・寺田とアーティストの皆さんの
Twitterをまとめたこちら
togetter「休日、石見銀山へ」リポート
でもご覧いただけます。
 

『休日、石見銀山へ』食事メニュー


11月3日『休日、石見銀山へ』の
夜の部、「音楽と夕食会」での
食事メニューです。

・黒ごま豆腐
・糸瓜の酢漬け
・青豆おからのサラダ
・おおばもくの煮物
・地鶏の炭火焼き
・阿部家の畑で採れた野菜のグリーンサラダ −梅花酵母どぶろくのドレッシングで−
・代官ピザ
・のどぐろの塩焼き
・塩麹で煮詰めた根菜の豆乳グラタン仕立て
・菊芋と海老のかき揚げ
・石見ポークの黒酢煮
・古代米の揚げもち
・ぬか漬け
・おむすび
・汁物
・デザート

※その日の食材の仕入れ状況により、
一部メニューの変更がある場合があります。
ご了承くださいますようお願い申し上げます。

見るだけで今から
お腹いっぱいになりそうです。
夜の部はまだまだ予約を
受け付けられます!
是非、素敵な料理と建物と、
音楽を愉しみに来てください。
お待ちしております。


※写真はイメージです
 

イベント開催地、石見銀山について




2007年に世界遺産に指定された
石見銀山(いわみぎんざん)は、
戦国時代後期から江戸時代前期にかけて
最盛期を迎えた日本最大の銀山でした。
当時、日本の銀の産出量は
世界の3分の1を占めたとも言われており、
その多くが石見銀山から掘り出されていました。
ゴールドラッシュならぬシルバーラッシュ。
銀を求め多くの人と権力とがこの地に入り、
利を奪い合った歴史が残されています。

現在は閉山されているこの石見銀山が
世界遺産に指定されたのには、
環境に配慮した坑道作りなど
時代を先取りしたエコ精神があったことが
大きな理由に挙げられます。



しかし、石見銀山には他の世界遺産にあるような
シンボリックなものがありません。
法隆寺や姫路城などの立派な建物も、
富士山や白神山地のような
圧巻の大自然のパノラマもありません。
あるのは宿場町のような
古い家屋が並んだ町並みと、
そこで生活する人々。
山々の風景。
いくつか現存する
間歩(まぶ)と呼ばれる坑道…
それもガイドがいなければ
迷ってしまうような狭い迷路のようなもの。
あとは精錬所など関連施設の跡地、
信仰遺跡、などなど、
はっきり言ってしまうと地味(!)です。
極端な話しですが、
世界遺産だから観光に来たものの、
何もないじゃないかと怒って帰られる人も
いたそうです。

では、なぜそこが世界遺産に指定されたのでしょうか。

世界遺産への登録には
「石見銀山遺跡とその文化的景観」と
記されます。
鉱山だけでなく、
その周辺の文化や生活など
いろいろなものを含めて
遺産と指定されています。

登録後、石見銀山がある
大森町に暮らす人の
生活意識は変わったそうです。
過疎化が進んでいた町に
突然観光客が押し寄せたのですから
当然と言えば当然ですが、
その中で、
大森町という場所に
根を張って暮らしていく
ということを真剣に考える
人たちが増えたのも事実。

長年、人の生活と自然との関わりについては
様々な議論がなされていますが、
未来の生活を模索するような
活動を進めることについては、
群言堂もその一翼を担っています。
(次世代の生活モデルを
実践して注目されている
同じ島根県の隠岐・海士町とも
関わりを持ったりしてます。)



銀山とそれを取り巻く町の歴史や
そこでの暮らしの一端に触れること。
今回のイベントを企画するときに
いちばん重要なのは
そこではないかと思いました。

11月3日。
東京に住む3人のミュージシャンと
CDショップ店主が、
島根へ赴きライヴイベントを行ないます。

山陰地方のみならず、
西日本はたまた全国の方々に
是非お越しいただけたらと思っております。
ちょうど今年は大遷宮で盛り上がる
出雲大社に寄り道してもいいですし!

イベント詳細はブログ前記事をご覧ください。
ライヴイベント『休日、石見銀山へ』@島根

石見銀山Wikipedia
 

ライヴイベント『休日、石見銀山へ』@島根




『休日、石見銀山へ
 〜 場所に触れる 人に会う 歴史を知る 音の旅』


島根県大田市にある世界遺産、石見銀山。
そこを拠点とする「群言堂」は、
2012年3月におこなった
雨と休日3周年企画ライヴの
会場を提供していただいた
「りげんどう」を経営している会社、
株式会社石見銀山生活文化研究所のブランドです。
http://www.gungendo.co.jp/

この度、群言堂さんとの共催で、
3周年ライヴと同じ出演者、
青木隼人&ハルカナカムラ、坂ノ下典正
によるライヴを、
彼の地、石見銀山にある
群言堂の空間にて行うこととなりました。

群言堂ウェブサイトでのイベント詳細
http://www.gungendo.co.jp/?p=4314


● 出演 ●

AOKI, hayatoとharuka nakamura
Sakanoshita Norimasa

● 日付 ●

2013年11月3日(日)

● 時間/場所/料金 ●

【縁側音楽会】
時間 12:30開場 13:00-14:30
場所 茅葺の家 鄙舎 (野外ライヴ)
http://www.gungendo.co.jp/?cat=25
料金 ¥1,000(税込)
縁側音楽会は当日ご予約なしでもご来場いただけます。
※飲食持ち込み可
※雨天決行(ステージおよび客席を屋内に移動)
※ウエルカムドリンクならぬウエルカムぜんざいなどご用意しております。
 詳しくは→こちら



【音楽と夕食会】
時間 18:30開場 19:00-22:00
場所 暮らす宿 他郷阿部家
http://www.takyo-abeke.jp/
料金 ¥8,000(税込)
※20名様限定
※夕食メニューは→こちら



夜の部【音楽と夕食会】のみ、
他郷阿部家への宿泊セットプランがございます。
3組様限定となります。
ライヴ料金、宿泊費、夕・朝食代込で
料金は1名様¥28,200(税込)となります。

※他郷阿部家料理一例 夕食

※料理一例 朝食


昼・夜どちらにも演奏の幕間に
群言堂スタッフによる
会場施設と石見銀山についての講演を予定しています。

●●

昼の部【縁側音楽会】のステージ「鄙舎」は
広島にあった茅葺の家屋を移築したもの。
その縁側をステージにした野外ライヴ公演となります。
客席は家屋前の庭のオープンスペースとなります。
椅子席はご用意しておりますが、数が足らない場合は立ち見となります。
各自、敷物などをご用意いただいても構いません。
また、11月初旬は気温が下がる日もございます。
焚火など暖の設置も予定していますが、暖かい格好でお越しください。
食べ物や飲み物は自由に持ち込みいただいて結構です。

夜の部【音楽と夕食会】は、
築220年の武家屋敷を修復した宿泊施設である
「暮らす宿 他郷阿部家」の
台所兼食事処を会場にした、
ディナーを食べながらの公演です。
料金は食事代込となります。
アルコール類は別料金となります。
夜の部【音楽と夕食会】ご予約の方にのみ、
群言堂スタッフによる
「石見銀山観光案内ツアー」(無料/内容未定)を
当日の昼15時よりご用意しております。
ご希望の方は予約の際にお申込みください。
(昼の部のみご来場の方は参加できません)


●会場までのアクセス●

石見銀山および群言堂の施設までのアクセスは
こちらのサイトでご確認ください。
http://www.gungendo.co.jp/?cat=37


●ご予約申し込み●

ご予約および会場についてのお問い合わせは
群言堂 石見銀山本店まで
電話 0854-89-0077
メール shop@gungendo.co.jp

(雨と休日ではご予約を承っておりません)

●●

イベント開催に伴いまして、
雨と休日実店舗は11月2日&3日をお休みとさせていただきます。

●●



AOKI, hayato web site
AOKI, hayato関連作品

haruka nakamura web site
haruka nakamura関連作品

Sakanoshita Norimasa web site
Sakanoshita Norimasa関連作品


イベント開催地、石見銀山について に続く
 

明日より4周年キャンペーン!


お陰様で雨と休日は
明日28日をもって4周年となります。

さて、今回4周年記念として
ご用意するのは
こちらの特典です。



毎月9日に発行している
雨と休日のフリーペーパー、
「雨とQ日」。
2009年9月の第1号から
今月の第42号までを
文庫本サイズの本として
まとめました。

発行当時のものを
そのまま見開きで
掲載しております。
今見返すとデザインや
細かなミスなど
気になる点があるのですが、
敢えてそのままにしました。

装丁デザインは
同じ西荻窪にある
西荻紙店
http://www.nishiogishiten.jp/
の三星安澄さんに
ご協力いただきました。

2月28日午前0時以降、
実店舗ならびにオンラインショップで
ご購入いただいたお客様に
(枚数、金額に関わらず)
購入特典として
プレゼントいたします。

特典は期間中おひとり様1冊
限らせていただきます。

ギフトラッピングをご希望の場合は
ラッピングに同封させていただきます。

先着特典となります。
おそらく2〜3週間はもつだろう
というぐらいの数は
ご用意しておりますが、
終了の際はご容赦ください。


それでは皆様のご来店、ご注文を
心よりお待ちしております。


28日午前0時以前のご注文は対象となりません。
キャンペーンの性質上、
直前の発表となっておりますことを
何卒ご容赦ください。

雨と休日4周年キャンペーンについて


お陰様で雨と休日は
今月28日で4周年を迎えます。

アニバーサリー・キャンペーンの内容は
毎年年明けごろに発表をしているのですが、
今年は訳あって直前の発表となります。
27日(水)にブログおよびメールマガジンで
お知らせいたしますので
どうぞお楽しみに。

2012年3月末日 西荻ナイト&デイ


3月30、31日と開催いたしました、
『西荻ナイト&デイ』。
素晴らしいお客様と、美味しい料理。
木造民家に響くギターの音色は
また一段と丸みを帯びたものになっていました。

演奏はほぼ即興。
夜と昼ではまったく違った公演になりました。
30日の夜公演は、
緊張感のある演奏と
お客様の集中力が合わさった
空間となり、
奇跡のような瞬間が時折訪れるのを感じました。

31日昼公演は、
お客様のリラックスした雰囲気の中、
ときに会話のバックに流れるBGMのようになり
ときに声を潜めて演奏に耳を傾ける時間もある
という、
理想としていたような空間に。

31日はあいにく風が強く、
電車の遅延の影響もあり、
やむなく遅れてしまう方が
逐一ご連絡をいただいたりと、
ちょうど年度末の多忙な時期にも関わらず
ご来場いただいたお客様には
本当に感謝しております。
また、抽選に外れてしまった方には
改めてお詫び申し上げます。

会場を提供していただいた
りげんどうの6名のスタッフさんにも
最大級の感謝を。
演奏の行方を見極めながらの配膳には
プロの意識を見る思いでした。

当日、演奏の合間に流していたBGMは
それぞれのアーティストに
この日のために録音していただいた楽曲です。
ご来場いただいた方にのみ、
お土産としてCD-Rにしてお渡ししました。

昨年末、
ハルカさんの
「青木さんと一緒にやってみたいんですよ」
の一言が発端となり、
「じゃあ、雨と休日の3周年でイベントやりましょう」
と盛り上がって実現した今回のイベント。
公演後、青木さんがおっしゃっていた、
「互いの資質を引き出す演奏」となった
ふたりの共演は、
1+1が2以上になる瞬間に
幾度となく出会えた素晴らしいものでした。
今後もこのデュオが
またどこかで見られるかもしれません。

初日と二日目でまったく違った演奏を見せた
坂ノ下さんのステージは、
もはや芸と言えるほどの話術(?)に
心と体をほぐされ、
素晴らしいギターテクニックに
酔いしれるものでした。

坂ノ下さんと青木さん(+ハルカさん)との競演は
似ているようで方法論がすこし違うという
ギタリストの競演の醍醐味を
味わうことができたのではないでしょうか。

雨と休日主催の次回イベントは
今のところまったく未定ですが、
もし機会がありましたら
どうぞ宜しくお願いいたします。












左から坂ノ下典正、青木隼人、haruka nakamura








30日夜公演


ラストには3人で演奏








31日昼公演 カウンターにはりげんどうホールスタッフの方々


サインをする坂ノ下さん


お土産CD-R


厨房スタッフの方々
こんな方たちに支えられて成功した公演でした




























おまけ


撮るハルカさんを撮る


公演終了後に銭湯行ったりして

『西荻ナイト&デイ』30日(金)公演ご予約状況


『西荻ナイト&デイ』30日(金)夜公演に
2名様分のキャンセルが出ました。
ご予約受付しております。

イベント詳細はこちら
http://shop.ameto.biz/?tid=3&mode=f25

ご応募お待ちしております。

『西荻ナイト&デイ』料理メニュー


『西荻ナイト&デイ』当日の料理メニューです。

30日(金)〈夜の食膳〉
・ 汲み上げ湯葉
・ もずく酢
・ 法蓮草寄せと蛍烏賊
・ 新玉葱と蕗の白和え
・ 寿司一種
・ 彩り野菜とテリーヌのサラダ
・ 豚肩ロースと筍の生姜煮
・ 本日の魚料理
・ デザート
・ コーヒーまたは紅茶

31日(土)〈昼の食膳 一汁一穀三菜膳〉 
・ 本日の主菜(*)
・ 独活と筍の唐揚
・ 九条葱と椎茸の蕗味噌和え
・ ご飯
・ 神西湖のしじみの味噌汁
・ 漬物
・ デザート
・ コーヒーまたは紅茶

(*)主菜は当日の市場の状況によって決定します。


雨と休日オンラインショップに掲載されていた画像とは異なります。
当日の状況により、メニューの一部が変更になることがございます。ご容赦くださいませ。
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
お知らせ
出張販売、DJ、トークイベント等、ご依頼受付中。CD作品の持ち込み売り込み、メジャー/マイナー、レーベル/個人問わず随時募集中。お気軽にメールアドレス[ infoあっとameto.biz ]またはお問合せフォームからご連絡ください。
出張販売スケジュール
≫ 9/16〜30 京都市某所
≫ 10月 神奈川県某所
≫ 12月 新潟県某所

☆現在2017年11月、2018年1月以降のご依頼を受付中。
Links
Profile
Categories
Archives
Search this site.
Others